山形新幹線の「峠」付近も圏内です!

 総務省東北総合通信局が2020年11月25日(水)、山形新幹線(奥羽本線)の全線で携帯電話の利用が可能になると発表しました。

 12月15日(火)から、山形新幹線の峠〜大沢間、芦沢〜舟形間の6トンネルで携帯電話の利用が可能になり、これによって、全国すべての新幹線(現行営業区間)について携帯電話エリア化が完了するといいます。

 鉄道トンネルや高速道路トンネルなど、人工的な構造物により電波が遮蔽される場所へ携帯電話の基地局などを整備する場合に、その設置費用の一部を国が補助する「電波遮へい対策事業」に基づき、進められてきたものです。

 今回、“圏内”になる山形新幹線の峠駅付近は、文字通り奥羽山脈を越える途中にある秘境の駅。そうした箇所を“圏内”にしていくにあたって、トンネルでなくとも“圏外”の区間があり、新たに整備する基地局へ電力や通信回線を供給するにも困難な場所が存在するなど、エリア化実現には様々な課題があったといいます。

 サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク。なお、一部に電波が弱い箇所が存在し、使っている携帯電話や通信事業者によって、通信が途切れることもあるそうです。