2020年は、新たに17地域の「ご当地ナンバー」が誕生。なかでも奈良県の飛鳥ナンバーは、過去に導入見送りとなったこともあり、悲願の誕生でした。ある幸運が重なり、飛鳥は図柄入りプレートも人気を集めています。

「松戸」と「飛鳥」で接戦

 2020年は、自動車のいわゆる「ご当地ナンバー」の交付が新たに17の地域で5月から開始されました。これにより、自動車ナンバープレートの地域名表示は計134種類になっています。

 5月に追加されたご当地ナンバー、およびその交付対象自治体は次の通り。なおカッコ内は、その地域で交付されていた元のナンバープレートの地域名表示です。

・知床:北海道斜里町、小清水町、清里町(以上、北見)、別海町、中標津町、標津町、羅臼町(以上、釧路)
・苫小牧:北海道苫小牧市(室蘭)
・弘前:青森県弘前市、西目屋村(青森)
・白河:福島県白河市、矢吹町、西郷村、泉崎村、中島村(福島)
・市川:千葉県市川市(習志野)
・船橋:千葉県船橋市(習志野)
・松戸:千葉県松戸市(野田)
・市原:千葉県市原市(袖ヶ浦)
・板橋:東京都板橋区(練馬)
・江東:東京都江東区(足立)
・葛飾:東京都葛飾区(足立)
・上越:新潟県上越市、糸魚川市、妙高市(長岡)
・四日市:三重県四日市市(三重)
・伊勢志摩:三重県伊勢市、鳥羽市、志摩市、明和町、玉城町、度会町、南伊勢町(三重)
・飛鳥:奈良県橿原市、田原本町、高取町、三宅町、明日香村(奈良)
・出雲:島根県出雲市、奥出雲町、飯南町(島根)
・高松:香川県高松市(香川)

 これら17地域では同時に、「地方版図柄入りナンバープレート」も導入されていますが、その申し込み数は9月末時点で、1位が松戸の3100枚、次いで飛鳥の2816枚でした。

 ただ、松戸ナンバーの保有車両数18万8900台に対し、飛鳥は10万8210台です。飛鳥ナンバーにおける図柄入りナンバーの「普及率」は、この時点で2.19%と、既存の41地域を含めて全国トップに躍り出ています。

幸運重なった飛鳥ナンバー 「飛鳥3110」の意味

 飛鳥ナンバーの図柄入りが支持を集めたのには、頻繁な住民アンケートを経て決定した朱雀の図柄を全面に描いたデザインもあるようですが、交付前から、ある偶然が重なり、SNSなどで全国的に有名になったといいます。飛鳥ナンバー協議会の事務局を務める橿原市の観光政策課によると、アイドルグループ「乃木坂46」のファンの間で話題になったのだそう。

 ファンが着目したのは、国土交通省が図柄入りナンバープレートのサンプルにおいて全国一律で使っている「地域名 599 あ 2046」の数字とひらがなでした。というのも、飛鳥ナンバーのデザインが発表された当時、乃木坂46メンバーの齋藤飛鳥さんが20歳で、「飛鳥」や「あ」、「20」も「46」も、それぞれ齋藤さんに関係ある、とされたのです。

 こうしたことから、任意の4桁数字を選べる希望ナンバー制度で、「さいとう」の語呂合わせ「3110」を選ぶ人もいるといいます。