大型車は96.2%でした。

蓮田SA、三芳PA、守谷SAで実施

 NEXCO東日本は2021年1月21日(木)、首都圏地域のSA・PAで1月中旬に実施した冬用タイヤ装着状況調査の結果を発表しました。

 これは1月13日(水)と17日(日)の2日間、東北道の蓮田SA、関越道の三芳PA、常磐道の守谷SAにて、計1577台を調査したものです。普通車(小型車)の装着率は47.8%で、昨年12月の1回目調査から24ポイント増加したものの、5割に届きませんでした。

 なお大型車については12月調査から23.9ポイント増の96.2%。全体の装着率は66.3%となっています。

 一方、NEXCO東日本は同時期に、北関東および長野の降雪地域に位置する4つのSA・PAでも調査を行っており、その結果は普通車95.2%、大型車100%と高い水準になりました。調査箇所は東北道 那須高原SA(栃木県那須塩原市)、関越道 赤城高原SA(群馬県昭和村)、上信越道 横川SA(同・安中市)、長野道 姨捨SA(長野県千曲市)で、調査台数は1247台でした。

 非降雪地域である首都圏での調査結果と、関東および長野の降雪地域での調査結果を合算した場合、普通車の装着率は70.5%、大型車97.6%になります。

 なおNEXCO東日本によると、1月23日(土)夜頃から25日(月)昼頃にかけて、南岸低気圧の影響により、東北地方南部から関東地方を中心に大雪の可能性があり、一部の区間では通行止めとなる恐れがあるとのこと。自力走行不能車両が1台でも発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながることから、高速道路を利用する際は冬タイヤを装着しチェーンを携行するよう呼び掛けています。