都心にほど近い京王線の笹塚駅付近では、単線だけの地上区間があります。そこにある唯一の踏切も、1本分の幅しかありません。どうしてこのような形になったのでしょうか。

寂しげに走り抜ける電車

 都心と多摩地域を結ぶ大動脈である京王線ですが、東京23区内に「線路が1本だけの踏切」があります。笹塚駅の東側にある「幡ヶ谷3号踏切」です。

 この「単線区間」は新宿方面の線路で、踏切のある場所では、八王子方面と、京王新線の線路はすべて、地下を通っています。なぜこの1本の線路だけ、地上にあるのでしょうか。

 踏切に近い跨線橋から線路を見下ろすと、そのヒントを得ることができます。笹塚を出ると、京王新線は甲州街道の下を、京王線はその南側をそれぞれ走行していますが、笹塚駅では4本の線路のうち真ん中の2本が京王新線なので、京王線の新宿方面の線路は、いったん京王新線と交差する必要があります。

 その際、高架橋で跨いだり、地下トンネルで交差するよりは、地上を走り続けて交差するほうが安上がりなため、このような形になったということです。

 さて、「幡ヶ谷3号踏切」にはまだ不思議があります。線路は1本しかないにもかかわらず、列車の進行方向を示す「矢印のランプ」は両方向あります。なぜなのでしょうか。

 少し歴史をさかのぼると、京王線はもともと新宿駅まで地上を走っていました。1963(昭和38)年に新宿駅が地下化し、1978(昭和53)年に京王新線が開業しましたが、笹塚〜初台駅付近まで京王線はしばらく地上線のままでした。現在のように笹塚駅付近まで地下化されるのは、1983(昭和58)年のことです。

 先ほどの「矢印のランプ」の謎は、両方向とも地上線だった時代の名残なのです。今は単線の踏切になっていますが、踏切の周辺には、かつての線路敷を思わせる広い空地が広がっています。

「半分だけ廃線」になってしまったまま、今もわずかに残る笹塚駅東側の地上線。ビルの陰をひっそりと駆け抜けていく電車の後ろ姿は、どこか寂しげに見えました。