F-15シリーズ、2022年には初飛行から50年を迎えます。

「イーグル」ファミリーの最新型 初飛行に成功

 ボーイングは2021年2月2日(火)、F-15「イーグル」戦闘機の最新型であるF-15EXが、アメリカ中西部ミズーリ州にあるセントルイス・ランバート国際空港で初飛行に成功したと発表しました。

 F-15EXは空港を離陸したのち、約90分間飛行し、アビオニクスや飛行制御システム、ソフトウェアなどの確認を行ったとのことです。初飛行の成功により、アメリカ空軍に対してF-15EXの最初の2機は、2021年第1四半期後半に引き渡すとしています。

 F-15EXは、旧式化したF-15C/Dの更新用として導入されるもので、戦闘爆撃機型であるF-15E「ストライクイーグル」をベースに飛行制御システムをフライバイワイヤにし、デジタル式コックピットを備えるほか、最新のAESA(アクティブ・フェイズド・アレイ)レーダーや世界最速のミッションコンピューターなどを搭載します。

 なお、今回の初飛行に先立ち、アメリカ空軍は2020年7月、ボーイングとF-15EX戦闘機8機の納入契約を結んでいますが、将来的には144機まで機数を増やす計画です。