ヨーロッパの巨大航空機メーカー「エアバス」。この名前はライバルのボーイングなどとは違って人名由来のものではありません。「エアバス」の起源は、なんとも風変わりで、他社機でも使われていた一般名詞が社名に昇華した形です。

かつて社名はエアバス・「インダストリー」

 ヨーロッパの航空機メーカー「エアバス(Airbus)」といえば、2021年現在ではアメリカのボーイングと肩を並べるほどの、言わずと知れた巨大企業です。とはいえ、「エアバス」が正式な社名になったのは、2001(平成13)年に株式会社化されてからで、その前は「エアバス・インダストリー」という名称が、1970(昭和45)年の創立以来、長らく正式な社名として使われていました。

 創立当時は、民間旅客機を開発製造販売する国営企業だったものの、のちに軍用機の分野に進出したほか、世界有数のヘリコプターメーカー「ユーロコプター」を傘下に納めるなど、すそ野を広げていたことで、今ではヨーロッパを代表する航空機産業企業となっています。

 ここまで手広く事業を行っている同社ですが、社名の「エアバス」は今でこそ航空機メーカーの企業を指すものの、由来についてはほかのメーカーとは異なります。ライバル企業だったボーイングやダグラス(現ボーイング)、ロッキードなどは人名ですが、このエアバスはそうではありません。

 かつては「エアバス」という単語は、全く違う使われ方をしていたのです。しかも昔は、この言葉をライバルの航空機メーカーたちも、そして航空会社側もこぞって使っており、いわば一般名詞のようなものでした。

 エアバス・インダストリーが初めて世に出した旅客機は、1972(昭和47)年に初飛行した「A300」です。このモデルは、エンジン2発の双発機でありながら、通路2本のワイドボディを採用するという、当時としては斬新なコンセプトの旅客機でした。この「300」という型式の名前は、300人乗りであることから来た、という説が濃厚です。

 A300型機は、ジェット旅客機の歴史においては、いわゆる「第3世代旅客機」にあたります。それ以前の1960年代には、いわゆる「第2世代」にあたるボーイング727や737、ダグラスDC-9といった、短距離国内線をターゲットにしたジェット旅客機が相次いで航空会社に採用され、それまで短距離路線はコストパフォーマンスの観点からプロペラ機が向いていると考えられていたのを、見事くつがえすことに成功し、航空輸送の向上に貢献しました。

ダグラスのエアバス…どういうこと? カギは「第3世代旅客機」の概念

 ただ、このA300型機の開発にエアバス・インダストリーが社運をかけていたのも、これまた事実でしょう。これには筆者(種山雅夫、元航空科学博物館展示部長 学芸員)の推察も含まれるのですが、A300は、フランスのダッソーが手掛けた第2世代の双発ジェット機、「メルキュール」の拡大版といえるようなモデルでした。

「メルキュール」は、ダッソーの思惑とは裏腹にライバルの737シリーズに販売で大きな差をつけられ、製造はわずか12機で終了しています。A300の開発は、この「メルキュール」の借りを“倍返し”するためヨーロッパの航空機メーカーの技術を結集したのでは……とカンぐったりしています。

 A300も含まれる第3世代旅客機の特徴は、数百人の乗客を乗せ、アメリカ大陸をノンストップで横断できること、経済的にも燃費がより良い「ターボファンエンジン」を採用していること、空港での運用を考慮して機体下部に貨物コンテナを搭載できることなどでしょうか。

 ただ、それ以降の旅客機では一般的な、操縦システムの自動化は進んでおらず、コクピットはメーターが並ぶ昔ながらの計器盤を備えたものでした。しかし、管制システムなどの進歩に対応しており、気象レーダーなども装備されていました。

 他方で客室に目を移せば、第2世代の短通路(シングルアイル)から、「ジャンボジェット」の愛称で知られるボーイング747並みの複通路(ツインアイル)を採用しており、化粧室に行く際など、隣のお客さんを2人も乗り越えなくても、比較的スムーズに通路に出ることができるようになっていました。

 こういった第3世代の旅客機は、A300に限らず、どのメーカーの機体でも当時「エアバス(空飛ぶバス)」と呼ばれていました。まさにバスのように、大量に輸送できる空輸手段として捉えられていたからであり、航空旅客運送業界では、エアラインやメーカーに関係なく、こういった旅客機の総称として用いられていたのです。

「エアバス」と呼ばれていた旅客機をいくつか紹介すると、三発機のダグラスDC-10、ロッキードL-1011「トライスター」、そして、前述のエアバス・インダストリー製A-300、いわゆる東側諸国のものであえば、4発機ではあるもののソ連製のイリューシンIl-86などがあげられるでしょう。

元祖「エアバス」の一種「A300」 メガヒットとはならなかったものの…

 さて、A300を開発することに社運をかけたエアバス・インダストリー。もちろん諸説あるものの、こういった経緯を見ると、何となくインダストリーを“こっそり”つけた訳が分かるような気がします。

 A300の製造機数は567機と、時代を席捲するメガヒット作とまではならなかったものの、会社経営が安定したことで、次にA320という1988(昭和63)年デビューの大ヒット機の誕生につなげることができました。このベストセラー機が生まれたことにより、737への“倍返し”にも成功し、エアバス・インダストリーは旅客機メーカーの2大勢力の一角を占めるまでに規模を大きくすることができたのです。

 またA300は「中型旅客機のスタンダード」ともいえる、双発、広胴、ツインアイル、航続距離は中長距離というスタンダードを確立したこともポイントでしょう。それはジェット旅客機の第7世代ともいえる、エアバスA350、ボーイング787といった現行の最新鋭機にも引き継がれているため、その点でA300は、旅客機の歴史に名を刻んだといえるのではないでしょうか。

 なお、A300は先述したとおり、300人乗りから来たというのが最も広く知られている説ですが、エアバス・インダストリーの場合、後継機にはA310、A320といったように、モデル名を「300から10刻みで足す形」で付与する流れが一般的になりました。そのため、A300の次に開発されたA310が310人乗りなのかといえば、そうではなく短胴で長距離型となっています。

 とはいえ、総2階建ての巨大機A380は、A340の後に開発されたにもかかわらず、いきなり番号が飛んでいるなど、その命名法則も、あくまで参考程度に……といったところのようです。

 ちなみに、中国では航空機メーカーのエアバスのことを「空中客車(空客)」とか、香港、台湾では「空中巴士(空巴)」と表記するそう。残念ながら発音の仕方はわかりませんが、漢字の並びだけ見ると少し優雅に思えます。