神奈川県内の東海道線に2032年、新駅が開業する予定です。ところで、同線での開業はいつ以来でしょうか。どこまでを東海道線と呼ぶかによって変わってきますが、鳥の目で見ると、実は最近も多くの駅が開業しています。

過去10年も多くの新駅が開業

 日本を代表する鉄道路線の一つ「東海道線」とはどこからどこまでの路線なのでしょうか。

 結論をいうと、東京駅から神戸駅までです。東京駅を起点に横浜、熱海、静岡、名古屋……と東海地方を通り、大垣、京都、大阪そして神戸駅に至ります。旅客路線としては、東京〜熱海間がJR東日本、熱海〜米原間がJR東海、米原〜神戸間がJR西日本の管轄です。ほかに貨物線も持ち、それを含め正式には東海道本線といいます。

 1872(明治5)年に日本最初の鉄道路線として(旧)新橋〜横浜(現・桜木町)間が開通しました。これが東海道本線の始まりです。現在、東京〜神戸間の営業キロは約590kmあります。旅客駅数は170を超えますが、2021年2月8日(月)、神奈川県や地元自治体などが大船〜藤沢間に新駅を設置すると発表しました。2032年ごろの開業が予定されていますが、実は東海道本線は過去5年だけでも、新駅が多く設置された路線でもあります。以下、近年開業順に列挙してみます。

○2020年
・高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)
・御厨駅(静岡県磐田市)

○2019年
・羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)

○2018年
・JR総持寺駅(大阪府茨木市)

○2016年
・摩耶駅(神戸市灘区)

 ほかにも相見駅(愛知県幸田町、2012年)、南大高駅(名古屋市緑区、2009年)、桂川駅(京都市南区、2008年)などがあります。

高輪ゲートウェイは東海道本線の駅?

 高輪ゲートウェイ駅は、東海道本線の列車は停車しませんが、並走する山手線と京浜東北線は停車します。同駅は運転系統で考えると山手線・京浜東北線の駅ですが、この2系統は東京〜品川間は(路線としての)東海道本線を走っているため、高輪ゲートウェイ駅も東海道本線の駅となります。

 同様に貨物支線に開業した羽沢横浜国大駅も、相模鉄道と共同で使用されており、東京方面の路線は旅客案内上しばしば「相鉄・JR直通線」などと呼ばれますが、元をただすと東海道本線の駅といえます。

 東京〜神戸間の長距離を結ぶ東海道本線は、地域ごとに複数の愛称が付けられています。JR西日本管内の米原〜京都間は琵琶湖線と呼ばれるほか、京都〜大阪間はJR京都線、大阪〜神戸間はJR神戸線と呼ばれています。

 ちなみに高度経済成長期、東海道本線を増線するという位置づけで並行するように建設された東海道新幹線は、起点が東京駅、終点が新大阪駅です。