3月1日まで応募を受け付けています。

ともに国際線仕様機を投入

 JAL(日本航空)が2021年3月1日(月)まで、成田と中部の2か所で、同一空港を発着する新たな遊覧チャーターフライト「空たび さくらフライト〜お空の上de航空教室〜」の抽選申し込み受付をしています。

 新型コロナウイルス感染拡大下、JALでは同一空港発着の遊覧フライトを不定期で実施。今回は、フライト中の機内で、パイロットが自身の仕事や乗客から事前に募った疑問・質問について話します。成田発着便ではCA(客室乗務員)からも仕事紹介があるとのこと。一方、中部発着便では、フライト中のパイロットによる航空教室に加えて、搭乗ゲート付近での整備士による航空教室も実施予定です。

 フライト実施日はともに3月27日(土)です(緊急事態宣言の延長等により、催行中止となる場合もあり)。一人当たりの料金は、成田発着便が1万5000円から(窓なし席含む中央席1席の場合)、中部発着便は5万9000円から(翼の上窓から横並びで、3席2名利用の場合)。ともに国際線仕様の機体を使用し、成田発着便はボーイング767-300ER(A44)、中部発着便はボーイング737-800(V40)が投入される予定です。