東急が「新しい通勤の形」を提案するバスの試験運行を開始。コロナ禍をうけ、働き方などが変化するなか東急が実験する新サービス「DENTO」の一環で、背景には定期券をサブスクリプション化していくねらいも見えます。

「渋滞」を逆に活かした通勤バス

 東急が2021年2月16日(火)から、「新しい通勤の形」を実験しています。シェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」です。

 コロナ禍を背景にテレワークの普及など移動や働き方が変化するなか、走り出したバスで、「通勤時間を勤務時間にする」というのがポイントです。かんたんにいうと、8時間の勤務時間を、通勤バス往復車内で2時間、オフィスで6時間にしよう、というものです。通勤時間が業務時間になるため時間に余裕ができ、家族との時間などが充実するといいます。

 実際に、東急田園都市線のたまプラーザ駅(横浜市青葉区)から渋谷駅まで、そのバスへ乗車してみました。

 渋谷駅までの走行距離は20km弱。たまプラーザ駅9時05分発であるため、東名高速などの渋滞を想定し、渋谷駅到着は10時15分というダイヤで、所要時間70分ですが、この渋滞を逆に活かしています(なお、バスの終点は10時45分着の東京駅)。

 たまプラーザ駅から渋谷駅まで、電車だと朝時間帯の所要時間は30分程度。業務時間としては、短くて慌ただしいです(そもそも、全車ロングシートであり、混雑している朝の渋谷方面行き田園都市線車内で業務できるか、という問題もありますが)

 これに対し70分という時間は、長すぎず短すぎず、といった印象。業務時間になるなら、通勤時間が多少長くなっても問題ありません。たまプラーザ駅ではタリーズコーヒーの割引サービスも用意されており、バス車内ながら、コーヒーの香りが鼻腔をくすぐる朝の仕事始めです。

 また、用意されていたYogiboの「Traybo2.0」も印象的でした。一般的にバスはテーブルが小さいですが、これは足の上をテーブルにすることが可能。安定してパソコンが利用できました。もちろんバスにはWi-Fiも用意されています。

「以前のバスは昔の価値観のバス」

 2年前の2019年も、東急は通勤バスの実証実験を行っていました。ハイグレードのバス車両を使ってゆったり通勤するというコンセプトで、たまプラーザ駅発は午前7時00分、渋谷マークシティ着は8時15分という、始業時間に合わせた形でした。

 今回の「Satellite Biz Liner」は一見それに似ていますが、通勤時間自体を業務時間にしてしまおうという「働き方」そのものに対する新しい提案になっており、東急の森田 創MaaS担当課長は、「以前のバスは昔の価値観のバス」と話します。

 コロナ禍で働き方や通勤が大きく変化するなか、東急も変化に対応した形です。

 ただ東急自体も、コロナ禍でそのあり方を変化させねばならない背景があります。

 東急電鉄の収入は4割が定期券によりますが、コロナ禍でその販売は減少。東急の森田課長は、「公益事業の鉄道は原価率が高く、売り上げが2割減ると利益が消えてしまうようなもの」といいます。

 そうしたなか東急は2021年1月から、いかに定期券の販売を減らさずにおけるか、これがテーマのひとつともいえる移動などに関する新サービス「DENTO」の実証実験を開始。「Satellite Biz Liner」もその一環で、東急電鉄の通勤定期券を持っていると100円引きになります(たまプラーザ〜渋谷間は100円引きで900円)。

「サブスク化」する定期券

「DENTO」ではこのほか、通勤定期券所持者を対象に「1日乗り放題100円チケット」や相乗りハイヤー、クーポンの配布などを実施。またグループの東急でんき&ガスでは「定期券割」も行われています(誰でも使えるサービスもあり)。

 いわば東急線の通勤定期券所持をサブスクリプション的に考え、それに“入会”していれば、様々な割引きや利便性を受けられる、という具合です。

「Satellite Biz Liner」を使う場合、定期券に+αで支払うことになりますが、東急の森田課長は「これから先、企業の福利厚生も多様化していくと思われるなか、多様な移動の仕方を認めていただいたり、また東急と企業が契約したりする形もありうるのではないか」と話します。

「DENTO」は、そうした様々なサービスを提供することにより、東急沿線で暮らすこと、そこから通勤することの魅力を高める実験でもあります。

 日本の私鉄は古くから、「鉄道」を軸に「生活」に関わる多様な業態へ展開するビジネスモデルで、東急はその象徴的な企業です。

 コロナ禍で「鉄道」が、「生活」が大きく変わりゆくなか、そんな東急がグループ力を活かしてどう変化し、「鉄道」と「生活」について新しい価値観を提供していけるか、大いに注目されるところでしょう。