広見線のミュースカイも激レアに?

豊橋行き最終列車は終電「繰り下げ」

 名古屋鉄道は2021年3月16日(火)、一部線区で5月22日(土)にダイヤ改正を実施すると発表しました。

 中部国際空港へのアクセス特急「ミュースカイ」は、運行区間が日中を中心に名鉄名古屋発着に短縮されます。対象となるのは、岐阜発着の10時〜20時の平日5本(土休日11本)および新鵜沼発着の10〜19時の平日17本(土休日20本)です。

 あわせて、「新鵜沼・新可児行き」として運行されていた5本のミュースカイは「新鵜沼行き」となり、ミュースカイの広見線乗り入れは、朝の新可児発の平日2本(土休日1本)のみとなります。

 一般車では、竹鼻線の名鉄岐阜行き列車(笠松〜名鉄岐阜間急行)が、平日15時〜23時の24本で笠松止まりに変更。平日の名古屋本線直通便は早朝など数便のみとなります。

 津島線では、豊明〜佐屋間で運転される名古屋本線直通列車の本数を、土休日10時〜21時で毎時6本から、平日と同じ毎時4本に変更します。

 名古屋本線では、豊川稲荷〜名鉄一宮間で運行されている急行が10時〜16時で無くなり、代わりに国府〜豊川稲荷間、須ヶ口〜金山間の普通の運行本数が増加されます。

 瀬戸線では、10時〜15時の急行が無くなり、代わりに尾張旭止まりの列車が尾張瀬戸行きになります。

 そのほか、終電時刻の変更が行われます。名古屋本線、空港線、各務原線、広見線、西尾線で5分〜30分の終電繰り上げが行われる一方、名古屋本線の名鉄岐阜発豊橋行き最終列車は17分繰り下げ、豊橋発鳴海行きの最終列車は7分繰り下げられます。

※一部修正しました(3月17日16時20分)。