東武東上線の旅客列車で野菜を輸送し、池袋駅で直売する日本初の取り組みが始まりました。並べられた野菜は、埼玉の直売所でその日に売れ残ったもの。背景には社会課題を解決したい思いがありました。

東上線で運んだ野菜、帰宅ラッシュの池袋駅で即完売!

 2021年3月18日(木)、帰宅ラッシュ18時台の池袋駅構内に、埼玉産の野菜を特別価格で販売する直売所が登場しました。

 これは、東武東上線を活用した「TABETEレスキュー直売所」と題した実証実験の一環。売られている野菜は、埼玉県東松山市のJA埼玉中央東松山農産物直売所「いなほてらす」で、その日に売れ残ったものです。

 池袋での「販売品」となった売れ残り野菜は、キャベツ、ホウレンソウ、ニンジンなどがコンテナボックス7つぶん。これらを東松山市内にある東上線の 森林公園駅から快速急行に積み込み、池袋駅まで運びました。

「いなほてらす」の営業が終了した16時から2時間強を経て、池袋駅構内のイベントスペースに並べられた野菜は、イベント性と特別価格もあってか、わずか30分ほどで捌けてしまうほどの盛況ぶりでした。

 この日本初の取り組みは、東武鉄道と東松山市、JA埼玉中央、東松山生産者直売組合、そして株式会社コークッキングが連携して実施。売れ残り野菜はコークッキングが買い取り、同社のメンバーが池袋まで輸送して販売まで行っています。

大命題は「フードロスの削減」

 コークッキングは、飲食店の売れ残り品と消費者をマッチングするアプリ「TABETE」を運営している会社です。JR東日本とも連携し、東京駅「グランスタ」のテナントで売れ残った飲食物をJR東日本の社員向けに販売する取り組みも行っていますが、今回のような野菜の売れ残り品の「行商」や、列車の利用は初めてだそう。

 取り組みの背景には、「フードロスの削減」という社会課題の解決があります。今回は、東松山市との縁をきっかけとして、フードロス削減と農家の収益性向上を目指した取り組みだといい、この理念に共鳴した東武鉄道が協力して実現しました。東武としては、新たな輸送サービスとして今回の事業性を検証し、沿線の魅力発信や誘客、利便性の向上につなげる構えです。

 歴史的にも野菜などの行商は、鉄道が支えてきた経緯があります。昭和の時代は、農家の人がうず高く積んだ野菜を背負って列車に乗り、都心部へ売りに来る光景が見られ、京成電鉄では2013(平成25)年まで行商人専用車を仕立てていました。

 ただ東武の場合は現状、行商のような大きな荷物を想定した手荷物のルールはなく、列車に積み込めるのは本来、あくまで「手回り品」のみ。今回は実証実験という形ですが、事業化となれば、ルールの策定も検討するということです。ちなみに今回の取り組み、東武は野菜輸送の付き添いスタッフひとり分の運賃(森林公園〜池袋間の往復)だけで受けているのとのこと。

 実証実験は3月31日まで原則として毎日実施されます(売れ残り野菜がない場合や輸送障害時などを除く)。単に売るだけでなく、社会課題の解決という使命を帯びた令和の行商スタイル、今後広がっていくかもしれません。