郵船クルーズの豪華客船「飛鳥II」の後継となる新造船の計画が発表されました。従来船よりも定員を減らし、よりラグジュアリーになるという新造船。コロナで大きな打撃を受けたクルーズ業界の起爆剤になるでしょうか。

部屋数減らしてラグジュアリーに

 日本郵船グループの郵船クルーズが2021年3月31日(水)、新しい客船の建造計画を発表し、記者会見を行いました。

 新造船は郵船クルーズが運行するクルーズ船「飛鳥II」の後継です。船の大きさの目安となる総トン数は5万444トンから5万1950トンにアップ。日本船籍の客船としては最大になるものの、航行性能を高めるため船首がやや短くなったほか、喫水も7.8mから6.7mと浅くなることで停泊可能な港が増え、これまでにないコースも設定できるといいます。

 一方で、乗客定員は872名から約740名に削減。これにより乗客1人当たりのスペースは世界でもトップクラスの広さを確保しているそうです。全客室にバルコニーを配すほか、船内レストランやカフェ、バーは15か所以上。船首に向いた展望露天風呂も備えます。wi-fiも充実させ、ワーケーション需要にも応えるのとこと。

 世界的にクルーズ船は大型化もしくは小型化いずれかの2極化する傾向にありますが、郵船クルーズの坂本 深社長は、「大きい船を作るつもりは最初からなかった」と明かします。「寄港地で下船して、シャトルバスで市街地へお送りするような場合、『飛鳥II』の定員を上回ると手配が厳しくなることを経験値として持っています。740名、このくらいのサイズが適当でしょう」とのこと。

 また、新船は環境性能も特筆すべき点で、エンジンはLNG(液化天然ガス)、ガスオイル、低硫黄重油と3種類の燃料に対応。錨を下ろさず船を停める機能を有し、海底植物の損傷も防ぐといいます。いずれも日本船籍の客船では初の技術だそう。もちろん感染症対策も強化されており、100%外気取り込み方式の換気システムや、タッチレス対応エレベーターなどの設置も予定しているそうです。

コロナで逆風吹き荒れたクルーズ船 いまどうなの?

 先代の「飛鳥」と「飛鳥II」はいずれも三菱重工が建造しましたが、今回はクルーズ船の建造で定評のあるドイツのマイヤーベルフトと造船契約を締結。完成は2025年中の予定です。

 建造にあたっては、郵船クルーズの株主でもあるアンカー・シップ・パートナーズの船舶投資ファンドで調達し、国内30以上の地方銀行が参画しているといいます。というのも、地方創生の取り組みで、新船に期待する声が非常に大きいからのようです。

「クルーズ船は日本各地から、乗客を地元の港に連れてきてくれるだけでなく、そこから地元のツアーを楽しんでもらったり、食材を味わってもらったりと、付随的な効果も様々あります。コロナにより人の移動が制限され、短期的な不確実性が高まるなかでも、『飛鳥』の実績と将来性から、各地の地方銀行に力強くサポートいただきました」(アンカー・シップ・パートナーズ 篠田哲郎社長)

 新型コロナウイルスの流行初期、「ダイヤモンドプリンセス」で感染が広がったこともあり、クルーズ業界は一時、全世界で運航休止に追い込まれました。郵船クルーズの坂本社長は、「以来、多くを学んで感染対策をしてきました」と振り返ります。

 乗船前のPCR検査で感染を持ち込まないことだけでなく、「乗ったあと感染者が発覚した場合に絶対クラスターにしないこと」に感染対策の大半を費やしてきたそうです。クルーに1人部屋を割り当て、濃厚接触を防ぐだけでなく、「乗客に始終接するクルー」「それをマネージするクルー」「運航要員」の3カテゴリーに分け各々の対策を行うだけでなく、さらにプライベートでの居住エリアも分けているとのこと。以前は船長も乗客と触れ合っていましたが、運航要員は客前に出さなくなっているといいます。

 なお、クルーズ船のメイン乗客は高齢者ですが、今後はSNSなどを通じ、若者も呼び込みたいといいます。新造船はラグジュアリー路線になる一方で、ツインルームより割安なシングルルームも設置するそうです。

「現時点でも、飛鳥IIに若いお客様が多く乗られています。クルーズ船は敷居が高いと思われがちですが、乗っていただくと、“もう一度”となるはずです」。郵船クルーズの坂本社長はこう話します。