この車名を持ってきたか!

上海モーターショーでEV「エアトレック」公開

 三菱自動車の中国における車両生産・販売合弁会社である広汽三菱汽車有限公司は2021年4月19日(月)、上海モーターショーにおいて新型EV(電気自動車)「エアトレック」のデザインを公開しました。

 エアトレックは三菱が2001(平成13)年から2005(平成17)年まで(輸出向けは2008年まで)発売していたSUVの名称で、「アウトランダー」の前身です。今回、中国に投入するSUV型のEVの名称として使われます。

 新・アウトランダーは「“e”-cruising SUV」というEV向けコンセプトを元にデザイン。フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」など三菱車のデザインアイデンティティを取り入れているといいます。

 広汽三菱 執行役グローバルマーケティング&セールス担当のジョン・シグノリエロさんによると、このエアトレックは中国専用の電動車で、広汽三菱が現在販売する三菱ブランドの4車種目。2021年内の発売を予定しているとのこと。「中国における電動車ラインナップを拡大し、持続可能なモビリティ社会の実現に向けて貢献してまいります」としています。

 ちなみに広汽三菱では現在、「アウトランダー」「エクリプスクロス」「ASX(日本名:RVR)」の3車種を製造しています。このうちASXはもともと、旧エアトレックのコンセプトカー段階の名称でした。