ドライバーさんラクになりそうです!

左折巻き込み防止で自動ブレーキも

 三菱ふそうトラック・バスは2021年6月4日(金)、大型トラック「スーパーグレート」の新型を発表しました。全国の販売店にて6月から順次販売を開始します。

 新型スーパーグレートは、大型トラックとして日本初となる次のような運転支援機能を搭載しています。

・アクティブ・ドライブ・アシスト2(商用車国内初):追従型クルーズコントロールにステアリング制御による車線維持アシスト機能を加えた高度運転支援機能。

・エマージェンシー・ストップ・アシスト(商用車国内初):「アクティブ・ドライブ・アシスト2」の作動中、ドライバーが体調急変などで運転できなくなった場合に作動。約60秒間ハンドル操作が検知されない場合にモニター表示と音で警告を行い 、同一車線内で車両を減速して緊急停止させる。車外にはヘッドライト、ハザードランプとフォーンを作動させて異常の発生を知らせる。

・アクティブ・サイドガード・アシスト1.0(商用車国内初):車体左側の死角となる箇所をレーダーによりモニタリングし注意を促すとともに、左側方向指示器の作動時やステアリング操作時に、警報音とランプで警告。レーダーが車両左側の動く対象物を検知し、「このまま走行を続けると衝突の危険が避けられない」とシステムが判断した場合、車両の走行速度が20km/h以下の領域で被害軽減ブレーキを作動して車両を緊急停止させる。

 このほか、前方の衝突の危険を察知し、警報とブレーキで被害を軽減する「アクティブ・ブレーキ・アシスト5」、フロントガラスのカメラで交通状況や周囲の明るさを検知し自動でハイビーム切り替えなどを行う「インテリジェント・ヘッドライト・コントロール」、また「トラックコネクト」なども搭載しています(一部オプション)。

 なお、今回初搭載の「アクティブ・ドライブ・アシスト2」は、同じダイムラーグループであるメルセデス・ベンツの大型トラック「アクトロス」にも搭載され、6月に発売される予定。さらにダイムラートラックでは、いわゆる「レベル4」の自動運転トラック開発にも取り組んでおり、これをいち早く市場投入することを目指しているそうです。