風圧すごい? そうでもないようですよ。

ついに橋桁が完成した「新幹線・道路併用橋」

 福井県が2021年5月29日(木)、日本初の新幹線と道路の併用橋となる「新九頭竜橋(仮称)」の閉合式を開催しました。閉合とは、両岸から架設していった橋桁が全てつながることです。

 新九頭竜橋は、九頭竜川をまたぐ北陸新幹線と一般県道福井森田丸岡線の橋で、中央に架かる新幹線の橋桁、その左右に架かる道路の橋桁が一つの橋脚を共有しています。橋の長さは約415mです。

 鉄道と道路の併用橋も今や日本では珍しい存在ですが、新幹線と道路の併用橋は初めてのものです。2004(平成16)年に併用橋としての計画が承認され、2015(平成27)年に新幹線高架から着工し、2019年に新幹線の橋が、そして今回、道路の橋が閉合にこぎつけました。道路側は6月にも竣工予定です。

 なおJR西日本によると、新幹線の橋桁には高さ2mの防音壁が設けられる見込みです。全列車が停車する予定の福井駅から北東5kmと近く、通過時はどの列車も低速で走るため、吸音板などの追加設置はない計画です。