関東エリアから中国エリアにかけて多くのJRの直流線区で走っていた国鉄の近郊形直流電車「115系」。最大約1900両が製造されましたが、運行路線も減少し、300両近くまでに数を減らしています。いま115系はどの路線で運転されているのでしょうか。

いまでは約300両にまで減少

 国鉄時代に関東・中部・近畿・中国の各エリアに導入された近郊形直流電車の「115系」。JRになってからも多くの路線で使われてきましたが、新型車両の投入により廃車が進み、車両数が大幅に減少しています。

 115系は、東北本線・高崎線上野口で使用していた車両の新性能化を行うことを目的に、1963(昭和38)年1月に投入を開始した国鉄電車です。車体の内外装は東海道本線東京口で使用していた111系電車を基本としていますが、車体側面のドアは自動・半自動の切り替えが可能でドアのレールはヒーター付きとし、屋根上の通風器(ベンチレーター)は雪が入りにくい構造(耐寒耐雪構造)を採用。モーターも出力を増強し、急坂に対応した抑速ブレーキを搭載しているのが特徴です。

 その後、冷房装置の取り付けや4人掛けボックスシートの間隔(シートピッチ)を拡大するなどの改良を行い、総計約1900両を製造。中央本線や山陽本線をはじめ、上越線や日光線、伯備線など雪深い山岳路線や勾配線区で使われました。

 国鉄分割民営化が行われた1987(昭和62)年4月1日、115系はJR東日本・JR東海・JR西日本の3社に引き継がれましたが、新型車両の投入によりJR東海では2009(平成21)年にすべて廃車。2021年4月1日時点で残っているのはJR東日本に22両(保留車を含む)、JR西日本243両の265両です。

 JR東日本で廃車となった115系のうち、一部は長野県の第三セクター・しなの鉄道に譲渡。最大62両が配置されましたが、しなの鉄道でも2020年に新型車両SR1系の導入を開始したたのに伴い、余剰となった115系は順次廃車。これにより、2021年4月1日時点でしなの鉄道の115系は50両となっています。

 整理すると、残存する115系はJR東日本とJR西日本、しなの鉄道の3社あわせて315両。製造両数の約16%です。

新潟エリアやしなの鉄道では「快速」にも使用

 次に、各社ごとに詳しく運用状況を見ていきましょう。

 JR東日本では新潟エリアに21両(3両編成7本)が残っています。一部の編成は車体の塗装を「湘南色」「懐かしの新潟色」「弥彦色」などに復刻。編成ごとに車体の色が異なっているのが特徴です。新潟エリアの115系はえちごトキめき鉄道の妙高はねうまラインにも乗り入れています。

 ほとんどが普通列車に使われていますが、信越本線の直江津駅を午前7時17分に発車する長岡行き(3371M)と長岡駅を午前10時29分に発車する新潟行き(3481M)、新潟駅を17時01分に発する新井行き(3374M)は快速列車です。

 JR西日本では243両が残存します。かつては広島エリアでも使われましたが、227系電車の投入により2019年3月のダイヤ改正で引退。いまではほとんどが岡山エリアと下関エリアで使われています。

 しなの鉄道では、新型車両SR1系の導入により115系の運用が縮小となっていますが、しなの鉄道線と北しなの線で運転。途中の篠ノ井〜長野間はJR信越本線を走行します。このうち快速列車は、平日下りでは軽井沢駅を15時08分に発車する長野行き(2605M)、上田駅を17時50分に発車する長野行き(605M)、平日上りでは長野駅を午前7時39分に発車する上田行き(1602M)、同じく長野駅を午前9時25分に発車する軽井沢行き(2602M)です。

 なお、2014(平成26)年に3両編成1本を改造した観光列車「ろくもん」は、軽井沢〜長野間だけでなく、普段は乗り入れることのない篠ノ井線姨捨駅まで入線することがあります。この駅はスイッチバックのある駅として知られています。

 2021年3月13日のダイヤ改正時点で115系の列車が運行されているおもなJR線は、次の通りです(ジェー・アール・アール編『普通列車編成両数表 Vol.42』などによる)。

■JR東日本
・信越本線 篠ノ井〜長野(しなの鉄道115系が乗り入れ/観光列車「ろくもん」は篠ノ井〜姨捨)
・信越本線 直江津〜新潟(えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン 新井〜直江津に乗り入れ)
・越後線
・弥彦線 東三条〜吉田

■JR西日本
・山陰本線 綾部〜城崎温泉
・舞鶴線
・山陽本線 姫路〜三原
・赤穂線 播州赤穂〜東岡山
・宇野線
・本四備讃線(瀬戸大橋線) 茶屋町〜児島
・伯備線
・山陰本線 伯耆大山〜西出雲
・山陽本線 岩国〜下関
・福塩線 福山〜府中

※一部修正しました(7月2日21時13分)。