搭乗証明書、かなりスペシャルです。

2005年に導入 残りあと1機

 ANA(全日空)グループから2021年6月27日(日)をもって全機退役予定のボーイング737-700型機。現在ラスト1機(機番:JA06AN)が、羽田空港発着の地方路線で運航されています。ANAでは25日(金)から、この機で各地方から羽田へ乗り入れた旅客に対し、特別なプレゼントを用意しているようです。

 羽田空港では、現役のボーイング737のパイロットを中心にした、ANAグループのスタッフ陣が横断幕を持って乗客を出迎え。乗客には搭乗証明書や、同機の機首部分に貼られている記念デカールと同じデザインのものなど2種類のステッカー、同機を運航するANAウイングスの冊子などが配られています。搭乗証明書も今回は特別仕様のものとなっているようで、各地方で撮影された737-700の写真が計7枚、証明書にまとめられているほか、同機のプロフィールやメッセージなどが記されています。

 ANAのボーイング737-700は、2005(平成17)年に福岡〜中部線でデビューして以来、約16年間、使用されてきました。現行のANAの小型主力機である737-800の姉妹機にあたりますが、導入は-700のほうが先です。737-700の外観上の特徴は、姉妹機737-800より胴体が約6m短いこと。この機は国内の就航空港をほとんどすべてカバーした実績をもつほか、中部空港発着を中心とする近距離国際線にも投入されています。

 ANAは搭乗証明書のなかで、「間もなく迎える退役までの一便一便を、大切に心を込めて運航していまいります」とコメントしています。