音が鳴る記念乗車券や特別列車も登場!

1998年の登場から23年

 京急電鉄が2021年6月25日(金)、同社の電車で多く見られた「歌う電車」の最後の1編成について、2021年夏で「歌う」のを終了すると発表しました。

 京急は1998(平成10)年に登場した2100形電車のVVVFインバータ装置(電力をモーターに適切なものへ変換する装置)に、作動音が音階を奏でるように調整されたドイツ・シーメンス社製の機器を採用。発車時にその音階がなることから「歌う電車」「ドレミファインバータ」として話題になり、新1000形電車(2002年登場)にも採用されるなど、京急電車を象徴するひとつにもなりました。

 しかし2008年以降、機器が別の新しいものに入れ替えられて「歌う電車」の数が減り、現在は新1000形電車1編成を残すのみに。それも今回入れ替えられ、「歌う電車」は姿を消すことになります。

 これにともない、京急は「さよならドレミファインバータ♪」イベントを開催。その音が鳴る記念乗車券やプラレールの発売、特別貸切イベント列車の運行を行う予定です。

 京急は、「沿線にハーモニーを奏で歌い続けてきた「鳴車(めいしゃ)」を、いつまでも記憶に残るよう、運行最終日まで、そして歌い終えた後もお楽しみいただけるよう 取り組みます」としています。