2022年夏ダイヤから再投入予定です!

「プレミアムサービス強化のため」

 ドイツのルフトハンザ航空は、エアバスA340-600型機を、2022年夏ダイヤから再度商用飛行に投入すると、2021年6月25日(金)に発表しました。A340-600は、2021年3月に同社が公開していた年次レポートで退役対象に。このまま飛ぶことなく即時退役となる見通しが強かったなか、これが一転した形です。

 今回復帰が予定されているA340-600は、現在同社が保有する17機のうち、まだ売却手続きを進めていない5機で、おもにドイツ・ミュンヘン発着で、北米、アジア方面を担当する予定です。

 再投入の理由についてルフトハンザ航空は「プレミアムサービス強化のため」と説明。A340-600はファーストクラスを8席設定しているほか、ビジネスやプレミアムエコノミーといった上位クラスがあることから、「ビジネスはもちろん、レジャー目的でも、増大するプレミアム需要に対応する」としています。このほか、同社では2023年にファーストクラスを搭載したエアバスA350シリーズを導入予定です。

 ちなみに、ルフトハンザ航空のA340-600の化粧室は、客室から階段で下に降りたところの床下部分にも設置されています。機内のレイアウトは航空会社が選ぶことができますが、同モデルを導入した会社のなかでもこの「地下トイレ」を採用した航空会社は、ほぼ類を見ません。ルフトハンザ航空は「将来的には再投入する5機も売却する」方針も示しており、計画通りにいっても、“隠れた珍旅客機”の復活は一時的なものになると見られます。

【ダンジョンみたい】動画でみるルフトハンザ航空のA340-600の地下トイレ