第3弾路線!

法政大学への路線に投入

 京王電鉄バスが2021年7月1日(木)から、車体が前後につながった連節バスを新たに投入します。

 今回は、京王線のめじろ台駅(東京都八王子市)と、法政大学(町田市)を結ぶ急行系統に投入。「お客様動向に合わせ増発便で運行予定」としています。途中の停車停留所は椚田北(くぬぎだきた)のみです。

 連節バスは長さ18m、輸送人員は通常の大型路線バスの1.8倍にあたる118人になります。2020年に国産モデルが登場して以降、導入が増えており、京王電鉄バスは2021年4月から日野市と八王子市の路線で導入。今回が第3弾になります。