座席や吊革にも進化があります。

「希望の未来」が込められた新しい車体色

 福岡市交通局は2021年7月1日(木)、市営地下鉄七隈線に新型車両「3000A系電車」を導入することを発表しました。

 これは2022年度に七隈線の天神南〜博多間が延伸開業するのにあわせ、増備車両として導入されるものです。4両編成が4編成導入予定です。

 3000A系電車の車体は3000系をベースとしているものの、前面と側面に新たにスカイブルーの塗装が追加されます。これはアフターコロナのまちの発展を支える地下鉄の象徴として「希望の未来を示す、広く澄んだ青空」がイメージされています。

 車内の色調は、博多織の五色献上色の「紫」「青」「赤」「黄」「紺」のほか、「櫛田の銀杏」で有名なイチョウの木をイメージしたより明るい木目柄が車内連結部付近に配色されています。

 両先頭車には、7人掛け座席を5人掛けに縮小することで、出入口付近のスペース拡大。分散乗車や密の緩和を図るねらいがあります。

 さらに、優先座席の一部の高さを、通常座席の430mmより60mm高い、490mmとしています。あわせて座面間に肘掛けを設置し、立ち座りしやすい構造としています。

 そのほか、吊革にも3000系との違いが。形状は台形から三角形になり、向きが座席側から進行方向向きに変更されます。

 ちなみに、「3000A」のAは、「進歩、前身」を意味する「Advance」の頭文字からとられています。

 新型車両の車両基地への搬入は2021年9月下旬から10月上旬、運行開始は先行2編成が2021年冬頃、残る2編成が2022年度を予定しています。