国鉄時代に900両近くが製造されたキハ40系ディーゼルカー。北海道から九州まで全国各地に投入されましたが、老朽化と新型車両の導入で徐々に数を減らしています。JR東日本では定期普通列車からキハ40系が撤退しています。

男鹿線と五能線は新型車両に統一

 北海道から九州まで全国各地の非電化路線で主に普通列車として使われてきた「キハ40系」ディーゼルカー。その数が徐々に減っています。

 キハ40系は国鉄が1977(昭和52)年から1982(昭和57)年まで計888両を製造。運転台が両側にありドアが片開きの「キハ40形」、運転台が片側のみありドアが両開きの「キハ47形」、運転台が片側のみでドアが片開きの「キハ48形」の3形式からなるグループです。

 1987(昭和62)年の国鉄分割民営化時にはJR旅客6社に887両が継承されましたが、老朽化とともにJR旅客会社各社は新型ディーゼルカーを投入。JR東海はキハ25形ディーゼルカーを大量投入し、2016年までにキハ40系を置き換えました。

 その後も、JR北海道はH100形電気式ディーゼルカー「DECMO」、JR東日本はEV-E301系およびEV-E801系電車「ACCUM」、GV-E400系電気式ディーゼルカー、JR九州はBEC819系電車「DENCHA」やYC1系電気式ディーゼルカーの投入が進んでいます。

 H100形やGV-E400系、YC1系はエンジンで発電機を回し、発電機から得た電力でモーターを動かす方式を採用しています。BEC819系、EV-E301系、EV-E801系の電車は蓄電池を搭載。架線から電力を蓄電池に充電し、架線のない非電化区間では蓄電池からの電力で走行します。いずれも環境に配慮した新方式の動力です。

 JR東日本は2021年3月のダイヤ改正で男鹿線の列車をすべてEV-E801系にし、五能線と津軽線ではGV-E400系の運転を開始しました。この結果、JR東日本のキハ40系は普通列車としての運行を終了。観光列車に改造された「リゾートしらかみ(くまげら編成)」「びゅうコースター風っこ」などが運行されるのみとなっています。

キハ40系の定期普通列車が走る線区

 キハ40系(観光用や特急用に改造された車両を除く)の定期普通列車が運行されているJRの主な線区は次のとおりです(2021年6月現在)。

■JR北海道
・函館本線 函館〜長万部、札幌〜旭川
・日高本線
・室蘭本線
・石勝線
・根室本線 滝川〜東鹿越、新得〜厚岸
・宗谷本線 旭川〜音威子府
・石北本線
・釧網本線 網走〜知床斜里

■JR西日本
・城端線
・氷見線
・山陰本線 豊岡〜幡生、長門市〜仙崎
・播但線 寺前〜和田山
・吉備線
・津山線
・姫新線 津山〜中国勝山
・因美線 鳥取〜那岐
・境線
・芸備線 広島〜三次
・岩徳線
・山口線

■JR四国
・高徳線
・鳴門線
・牟岐線 徳島〜阿南
・徳島線 徳島〜穴吹

■JR九州
・日田彦山線 ※2021年6月現在、添田〜夜明(日田)は不通
・後藤寺線
・筑豊本線 桂川〜原田
・唐津線
・筑肥線 山本〜伊万里
・久大本線
・豊肥本線 熊本〜宮地
・三角線
・肥薩線 ※2021年6月現在、八代〜吉松は不通
・吉都線
・日豊本線 高鍋〜西都城、国分〜鹿児島
・鹿児島本線 鹿児島〜鹿児島中央
・指宿枕崎線
・日南線

 このほか私鉄・第三セクター鉄道では、道南いさりび鉄道や会津鉄道、錦川鉄道、小湊鐵道でキハ40系を譲り受けて使用しています(会津鉄道はAT-400形に改造)。北条鉄道でもJR東日本で使用していたキハ40系を導入する予定です。