おお、ついに新幹線で!

新幹線の車内販売準備スペースを活用

 JR西日本およびジェイアール西日本マルニックスと福山通運は2021年7月6日(火)、山陽新幹線を活用した貨客混載輸送の事業化に向けた検討を開始したと発表しました。今後、実証実験などを進めていくとしています。

 検討中のスキームとしては、専用ボックスに入れた荷物を、山陽新幹線の車内販売準備スペースに設置し輸送。荷主や届け先と駅のあいだの輸送は福山通運が、新大阪〜博多間の駅間輸送はJR西日本グループが請け負うとしています。

 福山通運は7月から、近鉄の名阪特急「アーバンライナー」などを活用した貨客混載事業を開始しています。これにより、午前中に集荷した荷物の当日配送サービスの範囲を、同一エリア内から大阪市内〜名古屋市内間に拡大しました。

 JR西日本グループと福山通運は山陽新幹線での検討について「モーダルシフトを図ることによる環境問題・労働問題の解決や、定時性の高い鉄道輸送による新しい価値の創出を目指します」としています。