東京五輪の開催にともない、都内各所で交通規制がスタート。競技会場が複数存在する臨海副都心もそのひとつです。規制初日に行ってみました。他府県ナンバーのクルマが多く、なかには普通のクルマに見えるけど……という場合も。

これって「専用」「優先」?

 東京五輪の開催にともない、交通規制が始まった2021年7月19日(月)の朝9時ごろ。競技会場が付近に点在し、一般道で「優先レーン」「専用レーン」といった特別な規制が行われる東京の臨海副都心(いわゆるお台場エリア)を、クルマで走ってみました。

 テレコムセンター駅方向からゆりかもめの下を走ったのち、ヴィーナスフォートがある青海一丁目の交差点を右折。曲がった先は2車線道路で、そこでは左側の車線に入ろうかと考えながら右折すると突如、その左側の車線に「ピンク色の点線」が書かれていました。

 これって「専用レーン」「優先レーン」どっちだっけ……と反射的に思ったものの、考える前に、とりあえず右側車線の安全を確認。そして危うきに近寄らず的な意味で、右側へ車線変更します。

 曲がって数十メートル先の頭上に、この左側車線に対し「TOKYO 2020 優先 Priority」という掲示が出ていました。

「ピンク色の実線」が「専用レーン」です。なおこの記事の写真は、別の場所にあった掲示、優先レーンのものです(撮影の都合上)。

他府県ナンバー 一見すると普通のクルマ でも実は…

 また臨海副都心では、警察車両が多く走っていました。見るからにの警察車両も、そうでない警察車両も。そして、警視庁以外も多数です。

 すぐ警察と分かるバス型の車両をよく見ると、ナンバーが「高知」「宮崎」といった東京ではないもの。背後から見るとただの商用ワンボックスカーでも、よく見ると赤色灯が付いていて、ナンバーが「尾張小牧」などやはり他の府県。普通のセダンに見えても、よく見ると覆面パトカーで、ナンバーがやはり他の府県……。

 また交差点に立っていた警察官の制服には、「京都府警察」などと書かれていました。

 今回の東京五輪にともなう交通規制では、信号機の調整もしているそうです。そのせいか、臨海副都心を背骨のように貫く国道357号と交差する道路では、その交差点で、赤信号がとても長く感じたことがありました。

 初見ではレーンがややこしく、信号のいつもと違う可能性がある臨海副都心。気楽に行けると他人にお勧めはできないなと思いましたが、それがまた交通対策になっているのかもしれません。