日本の自動車メーカーが、庶民でも手が届くレベルのスポーツカーを相次いで復活、あるいは新モデルを登場させています。かつては各メーカーがしのぎを削って開発したものですが、いまこそ必要なクルマ、といえそうです。

セリカ、MR2、スープラ、シルビア…挙げればキリがないほど!

 2021年8月18日、日産から次世代の「Z」が発表されました。2022年にアメリカで発売開始となり、日本仕様の「フェアレディZ」は、この冬に発表になるそうです。また先月、7月29日にはスバルの新型「BRZ」が発表されました。こちらも、近く兄弟車であるトヨタ「86」の正式発表もあることでしょう。

 新型Zは先代モデルと大差ない400万円からの価格設定が期待されています。また、新型BRZは先代よりは上がったものの、308万円から。どちらも、いわゆる“普通の人”が買える価格帯と言えるでしょう。

 しかし、こうした普通の人が買える価格帯のスポーツカーは、今や、すっかり希少な存在となってしまいました。ホンダの「S660」は発売が終わってしまいましたし、トヨタの「スープラ」は499.5万円からと、普通の人が買えるかどうか、けっこう微妙な価格です。なお、1000万円オーバーの日産「GT-R」、2000万円オーバーのホンダ「NSX」については、おいそれと普通の人が買える価格帯ではありません。

 つまり、現在の日本には、「フェアレディZ」「BRZ」「86」の他には、マツダの「ロードスター」、スズキの「スイフトスポーツ」「アルトワークス」、ダイハツの「コペン」くらいしか、普通の人が買える価格帯のスポーツカーが存在しないのです。これは、昭和の時代を知る筆者としては、寂しいとしか言えない状況です。

 昭和の時代は、とにかくたくさんのスポーツカーが存在していました。トヨタでいえば、「カローラ」にも2ドア・クーペがありましたし、「セリカ」や「MR2」「スープラ」が人気を集めました。日産には「フェアレディZ」をはじめ、「スカイライン」のクーペ、「シルビア」と数多くのスポーツカーが販売されていました。

「カローラ」のクーペや「シルビア」は、若者向けですから、価格も抑えめで200万円以下。マツダの「RX-7(FC型)」も200万円台からという価格です。長いローンを覚悟すれば、ほとんどのクルマを若者が手に入れることができた、それが昭和という時代だったのです。ちなみに1989(平成元)年発売の「スカイラインGT-R(R32)」は高かったけれど、それでも450万円ほどでした。

身近にスポーツカーがあった時代はクルマも売れていた

 そのような手の届きやすい価格のスポーツカーは、当然、数多く売れました。それらが中古車になれば、さらに安くなります。最後は「タダでもいいからもらって」と、親や親戚、先輩、友人などから、いただけることもありました。筆者(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)も、初代のセリカを「もらって」と言われて、「そんなボロいのいらない」と断った記憶があります。それくらいスポーツカーが身近になっていたのです。

 それだけスポーツカーが身近ということは、スポーツカーに乗って「クルマを操る楽しみ」を体感した人が多いことを意味します。スポーツカーは加速・減速・コーナーリングのすべてのシーンで、ドライバーの操作に対して即座に反応することが特徴です。ドライバーの思うように走ることができる。それが、いかに楽しいのかということを、スポーツカーは運転する人に教えてくれます。

「好きな時に、好きな場所に行ける」「人や荷物を自由に運べる」といったクルマの利便性に、「操る楽しさ」が加わるのです。クルマが、もっと魅力的になって、もっと好きになることでしょう。また、スポーツカーは華やかなルックスも特徴です。スポーツカーがあることで、クルマ好きな人が増えたことは間違いありません。

 昭和の若者の多くは、クルマが大好きであり、「若者のクルマ離れ」とは、正反対の世の中。新車の販売台数も昭和の最後には、年間で500万台以上にもなりました。そのうち、軽自動車は約80万台でしたから、登録車は420万台以上も売れていたのです。

 ちなみに、ここ最近は乗用車すべてで年間430万台程度、そのうち軽自動車が約140万台。つまり、登録車は290万台しか売れていません。30年も前の方がクルマはたくさん売れていました。

スポーツカーは「絵に描いた餅」ではダメだ!

 しかし、平成の「失われた数十年」の不況期に、数多く売れないスポーツカーは、どんどん消えていきました。昭和にスポーツカーを知っていた年齢層の人間は、「寂しいな」程度。でも、平成になって初めてクルマに乗るようになった若者は、スポーツカーを知るチャンスを失いました。あるのは、高額で手の届かないスポーツカーばかりで、まさに「絵にかいた餅」。しかも、食べたことのない餅です。美味しさを知りませんから、欲しいとも思わないでしょう。

 ですから、クルマに興味をなくす人が増えても仕方ありません。そして、クルマに興味を持てない人が増えていけば、それだけ自動車メーカーの存在感は低下します。「安ければいい」と、どんどんとコモディティ化してゆき、儲けも少なくなります。スポーツカーを切り捨てることで、自動車メーカーは、自分で自分の首を絞めてきたようなものです。

 しかし、今からでも遅くはありません。トヨタも、それに気づいたからこそ、「86」や「スープラ」を復活させたのです。若い人に「クルマに興味のない」割合が増えたのは確かですが、いまだに「クルマが好き」という若者も存在します。そうした人たちに手の届く、安いスポーツカーを増やすべきでしょう。

 それに、スポーツカーは、ブランドを高める大きな力になります。かつて、「シルビア」に乗っていた人は、やはり日産に良いイメージを持っているはずです。同じように、「セリカ」や「スープラ」で楽しい青春を送った人は、トヨタに好意を抱いているはず。クルマが進化・熟成してゆくと、技術が拮抗して、メーカー間の差が縮まります。そこで重要になるのがブランド力。そして、それを高めるのがスポーツカーというわけです。

 今でも、スポーツカーは注目の高い存在です。日産の「Z」や、スバル「BRZ」の発表では、数多くのネット記事が掲載され、数多くの人が記事を読んだはずです。自動車メーカーは、その高い関心に応じる、手の届く価格のスポーツカーを提供すべきです。これから1台でも多くのスポーツカーが登場することを願うばかりです。