東京パラリンピックの開催にともない、オリンピック期間中と同じく首都高の1000円上乗せが実施されます。ただ、大会輸送の円滑化という目的は、いつの間にか「人流抑制の手段」と捉えられるように。技術的にも、そう単純な話ではありません。

知事会も政府へ要請「ロードプライシング」

 かつてない勢いで感染が拡大する中、2021年8月20日(金)に開催された全国知事会「新型コロナウイルス緊急対策本部会議」は、政府に対して「例えば、ロードプライシングなどあらゆる思い切った措置も含め、速やかに検討すること」と、高速道路料金上乗せによる越境交通の抑制を緊急提言しました。先に菅義偉首相も緊急事態宣言などの対策に関する会見で、自動車の規制をテレワークと同様の人流抑制策として取り上げています。
 
 東京2020大会輸送の円滑化を目的としていた首都高の1000円上乗せは、いつの間にか感染防止対策として語られるようになりました。

 ETCの普及により高速道路料金の弾力的な運用は簡単。目前の東京パラリンピックでも1000円上乗せで交通量が抑制できるなら、全国に拡大すべき。そんな流れができていますが、今回の1000円上乗せも、実はETCだけで料金制御しているわけではないのです。

 東京パラリンピック開催で、首都高速の東京都内区間を中心とした(非ETC車は全線一律)通行料金は8月24日から9月5日まで、再び1000円上乗せされます。対象となる車両は、二輪車を含む普通車以下の自家用車両。ここでいう普通車とは、高速道路料金の5車種区分の「普通車」です。ただし、営業回りなどで使われるライトバンなど4ナンバー小型貨物自動車や、緑ナンバーの二輪車は、事前の届け出不要で除外されます。

 高速道路料金の割引は車種区分ごとに、その区分に当てはまる車両すべてを対象にしてきました。しかし、今回の1000円上乗せでは、事業用と自家用を見分けるなど、これまでになかった区分けで1000円を上乗せしています。なぜ可能になったのでしょうか。

技術的には可能だが、現状では対応できない ETCでの「ロードプライシング」

 国土交通省高速道路課は、こう説明します。

「東京オリンピック・パラリンピックの対象車種は、ETC車載器を登録した時のセットアップ情報に加えて、通過車両のナンバープレートを読み取りデータから判別して加算しています」

 ETC車載器購入後に車載器が使えるようにするためのセットアップ登録では、車検証情報のほかにハイブリッド車であるか否かや、路線バス指定の有無についても申告します。利用者は、車載器と道路側の通信だけで、変動する通行料金に対応していると誤解しがちですが、そうではありませんでした。前述の国交省高速道路課担当者の話です。

「登録情報は車載器に書き込まれていますが、決済に必要のない情報は省かれます。つまりETCのシステムは技術的には(ロードプライシングに)活用できるのですが、料金収受に絞り込まれた現状のシステムは、制度改正後に対応したシステム改修を行うことでしか対応できません」

 ETCが動き始めた20年前、これが普及すれば通行料金はもっと細分化できる、渋滞を緩和する料金施策にも対応できると関係者は説明してきました。が、ETC(=electronic toll collection)は、その名の通り料金の収受システムでしかなかったわけです。今後のロードプライシングのためには、新たなシステム改修の時間と費用が必要になります。そのコストは実質的に高速道路利用者が負担することになります。

で、料金上乗せは感染拡大防止に役立つのか?

 今回の1000円上乗せは、東京オリ・パラ組織委員会と東京都の大会関係者や選手団の移動が渋滞に巻き込まれないため対策を講じてほしいという要請に、国土交通省と高速道路会社が応じたもの。料金制度を抜本的に変えるものではないために、ナンバー読み取り装置の助けが必要になったというわけです。しかし、ナンバー読み取り装置の本来の設置目的は、主として不正利用の防止にあります。

 赤羽一嘉国土交通相も、こう話します。

「ロードプライシング事業の実証実験みたいな意識というよりも、要請を受けて、そのまま対応したということに尽きる。複雑なロードプライシングを行って、都内全体の渋滞をどう緩和するのかといったものとは少し違う」(7月30日・閣議後会見)

 通常料金より上乗せすることで、高速道路の利用者が減少することは否定できません。実際にオリンピック期間を中心とした1000円上乗せでは、首都高の渋滞が最大96%減少したと警視庁も発表しています。しかし、それが効果的な人流抑制の施策につながっているのか。赤羽氏はこう語ります。

「大会が終わって落ち着いた段階で、実施したことがどう道路の渋滞状況や人の流れに影響したのか、分析しなくてはいけない」

 高速道路は建設と維持のコストが通行料金で返済され続けている有料道路です。ロードプライシングはそのコストを負担する利用車の渋滞緩和と環境負荷低減を目的とするもので、利用を減らして人流抑制するための値上げをすることは、同じ行為でも意味がまったく違います。それぞれの目的に応じた冷静な議論が必要ではないでしょうか。