LPGを燃料にしてLPGを運ぶのがこれからのトレンド!

LPGとアンモニアを同時に運搬可能な船

 川崎重工は2021年8月23日(月)、新たに開発した8万6700立方メートル型LPG(液化石油ガス)燃料LPG/アンモニア運搬船の第1番船について、川崎汽船と造船契約を締結したと発表しました。

 本船の主要目は全長が約230m、幅が37.2m、深さが21.9m、夏期満載喫水は11.65mとのこと。

 LPG/アンモニア運搬船は、低炭素エネルギーとしてすでに活用されているLPGと、脱炭素社会の新燃料として活用が期待されるアンモニアを同時に運搬可能な大型船です。世界の主要LPGターミナルに入港できるよう、全長や幅などの船体主要目については従来船型と大きく変えず、逆にカーゴタンク容積については従来船型よりも増量しているといいます。

 燃料にはLPGや低硫黄燃料油を使用。LPGを燃料に用いる場合、燃料油の使用時と比べて、排気ガス中の硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素などの排出量を大幅に削減できるメリットがあるといいます。

 これら排出量の削減により、2020年1月から強化されたSOx排出規制1および段階的に規制が強化されている二酸化炭素排出量規制に加えて、2022年にさらに強化される予定の新造船における省エネ性能に関する国際規制「EEDI」フェーズ3にも適応可能としています。