全てのカードキーを無にする……?

「Suicaスマートロック」提供へ

 JR東日本、JR東日本メカトロニクス、株式会社アートの3社は2021年8月30日(月)、ICカード乗車券Suicaの新サービス「Suicaスマートロック」を2021年冬から開始すると発表しました。

 日頃利用しているSuicaやモバイルSuicaのID番号を専用サイトから登録することで、そのまま、オフィスやホテルなどの入退室の鍵として使えるサービスです。施設管理者側でのカード発行が不要になり、管理コストも軽減されるといいます。

 システムの運用は、JR東日本が提供する「Suica認証情報提供サービス」を活用しているとのこと。クラウド化されているため、現地に専用のサーバ群を設置する必要もなくなり、業務効率化やコスト削減にもつながるといいます。

 さらに、期日限定で来訪するゲスト向けに、SuicaのID番号を事前に登録できる「ゲスト予約」可能とのこと。当日の手続きが不要となるため、スムーズな案内ができるそうです。

 なお、Suicaとそれ以外の交通系ICカードでは、運用方法等が一部異なる場合があるといいます。

 サービス開始時期は12月の予定。JR東日本らは「Suicaを活用した安全でシームレスなサービスを提供することで、『心豊かな生活』の実現に向けて取り組んでいきます」としています。