飯塚・直方から福岡空港への直結も実現?

具体的に動き出した新線計画

 福岡県は2021年9月1日(水)、福岡市営地下鉄空港線とJR長者原駅(福岡県粕屋町)を結ぶ鉄道新線の検討を行うため、「福岡市地下鉄福岡空港線とJR 福北ゆたか線の接続に関する基礎調査業務」について、事業者を決定したと発表しました。業務期間は2022年3月中旬までの予定としています。

 この新線は、福岡空港駅から東側に延長約3kmの新線を建設し、JR長者原駅へ達するものです。長者原駅は福北ゆたか線(篠栗線)と香椎線の駅ですが、県は「福北ゆたか線への接続」と表現しており、直通運転を視野に入れていることも考えられます。
 
 この業務ではルート案を6案設定したうえで概算費用など含め検討し、どのように既存駅や線路と接続するかの検討も行います。また既存交通機関からの転換予測を含めた需要予測や費用便益の算出を行い採算性の検討を行うほか、福岡市営地下鉄として建設・運行されるのかなどを含めた、事業主体や運営主体などの事業スキームの検討も行われます。

 博多駅や博多空港の西側はかつて国鉄勝田線が走っていましたが、1985(昭和60)年に廃止。以後、路線バスが主体となる鉄道空白地帯となっており、昔から鉄道建設の要望が行われていました。

 また、飯塚市や直方市など福岡県中部から福岡空港へ鉄道で行くには、福北ゆたか線で一旦博多駅へ行き、地下鉄に乗り換える必要がありますが、長者原駅から直接空港へアクセスする新線が開業すると、利便性は大幅に向上することが期待されます。

 なお、地下鉄空港線は姪浜駅からJR筑肥線へ相互乗り入れしていますが、この新線が地下鉄として開業・乗り入れ開始すると、地下鉄路線が両端でJR駅と直通運転することになり、東京メトロ東西線以来となります(三鷹駅と西船橋駅で中央・総武緩行線に乗り入れ)。