「鐘の広場」があった場所です。

新幹線のために在来線の駅を「北へずらす」工事で

 JR北海道は2021年9月1日(水)、札幌駅の東コンコースと西コンコースをつなぐ北側連絡通路を、10月1日(金)から閉鎖すると発表しました。

 札幌駅では、南側に北海道新幹線の線路が新設されるのに伴い、現在の1番線を廃止し、北側に駅を拡幅して新たなホームを設置します。その拡幅工事により北側連絡通路はすでに一部区画が閉鎖されていますが、工事の本格化にあわせ、10月から完全に通行不可になります。

 北側連絡通路には待ち合わせスポットとして利用される「鐘の広場」がありましたが、こちらも昨年秋に東コンコースへ移転されています。

 北海道新幹線の札幌延伸開業は、2029年を予定しています。