JR東海が報道陣向けに行った、キハ85系とHC85系の乗り比べツアー。HC85系の快適さに感動しましたが、キハ85系のほうが魅力的だった部分もありました。クルマ好きの人には、結構分かってもらえるかもしれません。

旧型車のほうが魅力的だった部分

 特急「(ワイドビュー)ひだ」「(ワイドビュー)南紀」で使用されているキハ85系気動車(ディーゼルカー)の後継車両として、2022年度、JR東海の新型車両「HC85系」がデビューする予定です。

 2021年8月、JR東海が報道陣向けに、この新旧2車種を乗り比べる試乗会を開催。これを取材してきたのですが、1989(平成元)年にデビューしたキハ85系に比べ、新型のHC85系は音も振動も小さく、全席にコンセントもあって、快適性のレベルが大きく違いました(当たり前ですが)。

 新型のHC85系は、搭載するディーゼルエンジンと発電機により生み出した電気と、回生ブレーキ時にバッテリーへ充電した電気を使い、電気モーターを駆動させて走行するハイブリッド方式(シリーズ式)の車両。そうした理由などから静かで振動が少なくなっているのですが、正直、キハ85系のほうが魅力的だった部分もありました。

「こういうのが好き」な人 結構いるのでは?

 キハ85系は、液体変速機を介してディーゼルエンジンの動力を車輪へ伝えることで走ります(かんたんに言うと、CVTではないオートマの自動車のようなもの)。

 ドアが閉まると、キハ85系の各車両に2基ずつ搭載された出力350ps(257kW)のカミンズ製ディーゼルエンジンが、躍動を始めます。

 車体が震え、そのサウンドが高まるとともにグングン加速。そしてスピードが66km/hに達すると、いったんその咆哮がおさまったのち、再び力強く加速を開始します。変速機が、変速段から直結1速に進段したのです。

 そして87km/hになると再びいったん落ち着き、今度は直結2速へ進段。1両あたり700psのディーゼルエンジンが頼もしく、車両を最高速度の120km/hへ到達させました。

 この「エンジンを吹かしてギアチェンジしながら加速」という行為に心がくすぐられる人、結構いるのではないでしょうか。

 新型のHC85系だとエンジンは発電用、駆動は電気モーターなため変速機は搭載せず、滑らかに最高速度の120km/hへ加速。そのため衝撃や振動が少なく音も小さく快適なのですが、キハ85系のような心のくすぐられ方は、ありません(HC85系を否定する意図は全くないです。念のため)。

 キハ85系は、登場からもう四半世紀以上。後継車も現れました。コロナが落ち着いたら、最後にまたその「走り」を味わいに行きたいと思う今日この頃です。

 ちなみにキハ85系の変速は、自動です。また鉄道車両には、自動車のマニュアル車のようにシフトレバーで変速するものもあります。