ツアーでは「撮り鉄タイム」も!

記念乗車券も販売

 東武鉄道が2021年10月1日(金)、鬼怒川線の下今市〜鬼怒川温泉間で、観光列車「SL大樹」を初めて重連運転します。SLはC11形蒸気機関車です。

 重連運転とは、動力車を複数両つなげる運転方式。通常は急勾配区間などで牽引力を増すために行われますが、今回はイベント運転として実施されます。参加には、東武トップツアーズの旅行商品「SL大樹重連乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」の申し込みが必要です。時刻など詳細は次の通り。

○行程
浅草8:09→(臨時列車〈350型電車〉)→下今市10:08 10:29→「SL大樹」→鬼怒川温泉11:05→(撮り鉄タイム・自由昼食)→鬼怒川温泉15:37→「SL大樹」→下今市16:14→(撮り鉄タイム・買物タイムなど)18:02→(臨時列車〈350型電車〉)→浅草20:17

○「SL大樹」の列車編成(←鬼怒川温泉 下今市→)
C11-207号機・C11-325号機・車掌車・客車・客車(ドリームカー)・客車

○募集人数
通常客車プラン:100人、ドリームカープラン:40人

○ツアー料金(カッコ内は子ども)
通常客車プラン:1万3800円(1万2800円)、ドリームカープラン:1万5800円(1万4800円)

○申し込み受け付け
2021年9月9日(木)午前11時から
※東武鉄道公式ファンクラブ会員は、9月8日(水)18時まで先行募集

 運転に合わせ、同日から10月31日(日)まで「SL大樹重連運転 記念乗車券」が3000セット販売されます。1セット税込1000円、1人5セットまで購入可能です。内容は、硬券の片道乗車券3枚と、「SL大樹」の写真入り台紙など。発売駅は浅草、とうきょうスカイツリー、春日部、久喜、伊勢崎、大宮、船橋、池袋、川越など計55駅です。