あと少し、この部分がつながれば便利になるのに――東京周辺には、そのような建設中の道路が多数存在します。今回はそんな「あとちょっとな道路」5路線の進捗を見てみます。

中部横断道も「あとちょっと」が開通

 2021年8月、中部横断道の下部温泉早川IC〜南部IC間(山梨県)がつながり、静岡〜山梨区間が全通しました。「あとちょっと」と思われていた区間が難工事で遅れていただけに、開通はSNSなどでも大きな話題になりました。

 東京圏に目を移すと、こうした「あとちょっと」な歯抜け区間のある道路はいくつも存在します。今回はそうした道路を5つ、進捗とともに紹介します。

圏央道(神奈川・千葉)

・未開通区間:藤沢IC〜栄JCT(横浜湘南道路)約7.5km、戸塚IC〜栄JCT〜釜利谷JCT(横浜環状南線)約8.9km、大栄JCT〜松尾横芝IC 約18.5km

 首都圏をぐるりと取り囲む圏央道は総延長がおよそ300kmあり、そのうち約270kmが開通済みです。未開通なのは千葉県の1区間と、神奈川県側の末端部2区間。いずれも事業が進んでいます。

 千葉県の大栄JCT〜松尾横芝IC間は2024年度に開通する予定です。神奈川県の藤沢IC〜栄JCT(横浜湘南道路)も同年度、戸塚IC〜栄JCT〜釜利谷JCT(横浜環状南線)は2025年度の開通見込みが示されています。

北千葉道路(市川〜鎌ヶ谷、成田市内)

・未開通区間:北千葉JCT(仮称)〜鎌ヶ谷市街 約9km、成田市内 約3.7km
※専用部は含まない数値。

 北千葉道路は、外環道から北総鉄道沿いを経由し、「成田空港までを最短で結ぶ」約42kmの道路。開通済みの鎌ヶ谷市から印西市までの北総鉄道に沿う区間は、一部、最高速度70km/hの自動車専用部を有する快走路です。

 成田市側、成田ICまでの延伸工事は進んでいますが、東京側は、鎌ヶ谷市街でプツリと途切れ、外環道までのあいだは長らく事業化もされていませんでした。

 しかし、このうち外環道の北千葉JCT(市川市)から松戸市にかけての約3.5kmは2021年度に事業化されました。側道と専用部で構成され、専用部は有料道路となる見込みです。

東京・埼玉の「あとちょっと道路」

 東京都内や埼玉県内の「あとちょっとな道路」を見てみます。

国道254号「和光富士見バイパス」

・未開通区間:埼玉県朝霞市〜富士見市 約4.3km

 和光富士見バイパスは外環道 和光北IC付近の松ノ木島交差点(和光市)から、富士見市の下南畑交差点までの約6.9km。東京から「川越街道」の愛称を持つ国道254号のバイパスで、下南畑交差点から先は川越方面へ4車線の快走路(富士見川越バイパス)が続いています。

 約6.9kmのうち、和光市〜朝霞市の約2.6kmは2010(平成22)年に先行開通、2020年には4車線化もされました。未開通の約4.3km区間は、志木市内(一部、富士見市)約2.6kmについて2021年開通の見込みが示されています。また、このバイパスを和光市から東京の高島平方面へ延ばす計画も進められています。

東八道路(放射5号) 府中〜国立

・未開通区間:東京都府中市〜国立市 約1.3km

 多摩地区を東西に貫く東八道路は、国道20号「甲州街道」のバイパスとなる都市計画道路「東京八王子線」の一部。2019年には都心側、三鷹市から杉並区にかけての延伸部が開通し、都市計画決定から実に73年を経て甲州街道とつながりましたが、八王子側の延伸工事も進められています。

 延伸区間の約1.3kmは、国立府中インター入口交差点に接続。そこからは、同じく甲州街道のバイパスである日野バイパスと直結し、国立府中ICと連絡したのち、計画では圏央道の高尾山ICまでつながります。ただし、日野バイパスの延伸部や、八王子市内の八王子南バイパスなどは未開通部分も多いです。

目白通り(放射7号)大泉〜保谷

・未開通区間:東京都練馬区内 約2km

 東京都心から関越道のアクセス路である目白通りは、大泉ICの先の北園交差点で途切れます。その先、西東京市の伏見通り(調布保谷線)までの延伸工事が進んでおり、西東京市内の一部区間は暫定開通済みです。この道路ができると、大泉ICから中央道の調布ICまでが、ほぼ4車線道路で結ばれます。

 未開通の練馬区内区間も、完成にかなり近づいていますが、墓地などで途切れている区間があります。

 ちなみに、西東京市より先は、西武池袋線の北側に並行する形で埼玉県所沢市までつながる計画です。

※一部修正しました(9月12日14時57分)。