旅客便デビューも、結構すぐです!

16日に定期便就航へ

 JAL(日本航空)が国内線に2019年から導入を進めている旅客機「エアバスA350-900」の11号機(機番:JA11XJ)が、2021年9月12日(日)の午前9時半過ぎ、羽田空港に到着しました。

 この機は日本時間の9日(木)にエアバスから受領。フランスのトゥールーズからJL8102便として到着しました。席数は369席で、国内線ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラスを配しており、全席個人モニター、USBポート、電源コンセントを備えたJAL最新の国内線客室仕様となっています。

 JALによると、この機の旅客便投入初便は16日(木)の羽田午前7時30分発、那覇行きのJL903便。その後は羽田〜新千歳、福岡、那覇線、伊丹〜那覇線のほか、10月末からは羽田〜伊丹線などへも投入される見込みです。

 JALが確定発注しているA350-900は18機。新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷が続く航空業界ですが、JALでは同機の積極的な導入を進めています。これは、同機が燃費が良く充実した客室設備をもつことから、運航コストの削減やサービスの向上につなげる狙いがあります。

※一部修正しました(9月12日17時40分)。