首都圏私鉄でも大幅削減が。

久里浜線はおおむね20分間隔に

 京急電鉄は2021年9月15日(水)、久里浜線の京急久里浜〜三崎口間で10月18日(月)から一部ダイヤを変更すると発表しました。

 平日の日中時間帯(11〜15時)は、10分間隔(1時間あたり6本)から、おおむね20分間隔(同3〜4本)で運行するとのこと。計20本の列車が削減され、下りは12時台と13時台、上りは13時台と14時台が、1時間あたり3本と少なくなります。

 なお、土休日のダイヤ久里浜線以外は現行の本数で運行するものの、一部、発車時刻の変更があるそうです。

 京急電鉄は理由について、「昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の長期化に伴い、乗務員の罹患防止対策およびお客さまのご利用状況に鑑み」としています。本数が削減される時間帯における京急久里浜駅下り線発車時の乗車効率は、コロナ前の2019年でも10〜20%でしたが、2021年は10〜15%になっているということです。