行先・種別の人気投票で上位になったものは実際に表示されます!

復元した初代「スカイライナー」の自動放送音源を再生

 京成グループの京成トラベルは、京成電鉄の後援で2021年10月9日(土)と17日(日)に「まるごと3400形の旅」を開催します。

 京成3400形電車は、初代「スカイライナー」AE車の台車などを流用して1993(平成5)年に登場した通勤車両。京成電鉄の営業車両では唯一の鋼製車体の電車です。

 往路は京成上野駅から3400形電車に乗車。車内では車内放送体験の権利が当たる車内抽選会や方向幕の行先・種別の人気投票を行います。3400形電車は普段走ることのない京成成田空港線(成田スカイアクセス線)の印旛日本医大駅〜成田空港駅間を走行して成田空港駅へと到着。参加者は成田空港ターミナル内で自由行動となり、各自で旧・成田空港駅の東成田駅へと移動します。

 東成田駅では1990年代の営業ポスターや初代AE車のヘッドマーク等を展示した特設ギャラリーを見学。現在使用していない旧ホームでは3400形電車を使用して、往路の人気投票で上位にランクインした方向幕を披露します。また、往路での抽選会で当選した人は車内放送体験も行います。

 復路は東成田駅から再び3400形に乗車。車内では、初代「スカイライナー」の車内で放送していた上り方面の自動放送音源を再生します。この音源は京成電鉄社員が復元、今回が初披露だそうです。その後、列車は京成上野駅に到着して解散となります。

「まるごと3400形の旅」のひとりあたりの旅行代金は大人3500円、小児2500円。募集人員は各日193人で、9月27日(月)の正午まで京成トラベルのウェブサイトで受け付けます。応募多数の場合は抽選です。