2021年度中に12編成48両が導入されます。

座席はオールロングシート

 JR相模線の新型車両E131系電車500番台が、2021年11月18日(木)から順次運転を開始します。

 導入車両数は12編成48両。2021年度中に全編成が導入されます。

 E131系の前面デザインには、遠くまで広がる湘南の海とダイナミックな波の水しぶきが水玉模様で表現されているほか、前面と側面のカラーリングには、遠くまで広がる湘南の海をイメージした濃淡2色の青が配置されています。

 車内の座席は全てロングシート。座席のカラーは、相模川の豊かな流れや湘南の海をイメージした爽やかなブルー系のツートンカラーです。

 従来の205系電車500番台と比較した、主な違いは次の通り。

・車内に液晶ディスプレイ設置
・150mm車体拡幅
・1人あたりの座席を25mm拡幅
・最高速度110km/hへ向上

 ほかにも、駅ホームと車両の段差低減や乗降確認カメラ設置なども行われています。