JR西日本がソフトバンクらとともに、自動運転かつ「隊列走行」を行うBRTの実現へ向けた取組を本格化します。「世界初」という交通機関、何が魅力なのでしょうか。既存鉄道よりもコストははるかに低いそうです。

「ドアtoドアのイメージ」 画期的なBRT構想

 JR西日本がソフトバンクらとともに、BRT(バス高速輸送システム)の取り組みを本格化させます。2021年9月27日(月)、両社の代表者が記者会見を開催しました。

 BRTとは、車体が2台以上つながった連節バスをはじめ、バス専用道やバス優先の信号システムなどを備えた交通機関で、日本においては東日本大震災で被災した線路を転用したJR東日本の「気仙沼線・大船渡線BRT」がよく知られています。今回、JR西日本らは、さらに一歩進んだ「自動運転と隊列走行技術を用いたBRT」を打ち出しました。

 専用道においては、有人運転の先頭車両に10〜20mの間隔を空け、無人運転の後続車が最大4台まで隊列を組んで走行するといいます。

「実証実験では、小型バス、中型バス、連節バスの3タイプを用い、自由に組み合わせられるのがポイントです。本線になる専用道には『合流駅』があり、専用道外から来たバスがここで隊列を組むことができます。同様に『分岐駅』では隊列を変更し、ここから自動運転を解除して一般道へ入るバスもあります」(ソフトバンク執行役員 鉄道・公共事業推進本部長 清水繁宏さん)

 現時点で実運用されている自動運転バスの多くは、速度が15〜20km/h程度と低いものですが、今回は60km/hを可能にするとのこと。また、車いすの人なども乗り降りしやすいよう、乗降口とプラットホームの間隔を4cmまで詰めて停止する正着制御を目指すといいます。

「人口減少や高齢化が進み、コンパクトでバリアフリーな街づくりが求められています。段差や隙間のないフラットな移動空間で、誰もが自由に出かけられる、そうした交通機関が今後重要になります」(JR西日本理事 鉄道本部副本部長 イノベーション本部長 久保田修司さん)

 たとえば、家の近くから小型バスに乗車でき、それがそのまま専用道に乗り入れることで、「ドアtoドアに近い利便性を実現する」とのことです。

「意気込みの表れ」 専用コース自前設置

 JR西日本は今後、2023年までには運用面の技術を確立し、2020年代半ばには社会実装につなげる構えです。「技術的ハードルを下げ、早期の実現を目指す」ため、実証実験の舞台も自前で用意しました。

 それは、滋賀県野洲市の鉄道車両基地(網干総合車両所宮原支所 野洲派出所)に設置したテストコースです。総面積は2万2800平方メートルで福岡PayPayドームの約3倍、コース総延長は1.1kmに及びます。

「専用コースを自前でつくるのは意気込みの表れです。BRTを想定した自動運転のテストコースは世の中どこにも存在しません。60km/hものスピードでの自動運転も、世界で初めてになるでしょう」。

 ソフトバンクの清水さんはこう話し、テストコースを設けることで早期の実用化につながるとの期待感を示しました。

 またJR西日本の久保田さんによると、既存の鉄道と比べれば車両、設備ともにコストは「かなり下がる」といいます。メンテナンスに関しても、線路より道路のほうが手間は少ないということです。

 では、既存の鉄道を置き換えるのでしょうか。記者からもそうした質問が集中しましたが、社会実装の場がどこになるかは、決まっていないといいます。

 JR西日本の久保田さんによると、「鉄道をBRTに置き換えるモード転換も視野にある」とのことですが、それだけが目的ではないといいます。鉄道のないところに導入することも可能な一方で、人口の少ない場所では「専用道を作るまでもないところもあるのでは」とのこと。

「本当の大量輸送ならば鉄道」としつつ、岡山や広島といった大都市へ乗り入れる、中都市への導入が視野に入ってくるといいます。まちづくりとも連携し、パートナーとなる地域との対話を重ねて社会実装を目指していくということです。