陸上最速の輸送サービス?

新幹線レールゴー・サービスに代わる新サービス

 JR東日本は2021年9月28日(火)、新幹線を活用した新しい荷物輸送サービスについて発表しました。

 同社の新幹線では従来、書類などの小口荷物を運ぶ「レールゴーサービス」が提供されていましたが、10月1日から始まる今回のサービスはこれに代わるもの。荷物の大きさ、取り扱い列車などが拡充されます。

 受付荷物のサイズは、1号(35×25×4.5cmもしくは3kg)1010円から、5号(52×38×27cmもしくは30kg)4450円まで。荷物1個から当日申し込みが可能で、列車出発の30分前まで受け付けられます(一部列車除く)。

 発送と受取は東京駅、仙台駅、新潟駅の荷物サービスカウンターで可能。東京駅ではグランスタ内の「BAGGAGE STORAGE +」でも発送のみ受け付けます。

 取扱列車は東北新幹線の東京〜仙台間で計24本(最短1時間49分)、上越新幹線の東京〜新潟間で計23本(最短1時間38分)。仙台駅到着後、バイク便のサービスが利用できる列車もあります。

 なお運送を担うJR東日本物流によると、上記区間以外にも、事前契約の利用者に限り、東京〜新函館北斗間、東京〜金沢間でも取り扱っているそうです。