停留所増やしつつ40分短縮!

「BEAM-1」から「MEX」になって復活

 みちのりホールディングスは2021年9月30日(木)、運休していた岩手県北バス(岩手県北自動車)の夜行高速バス宮古・盛岡〜首都圏線を10月28日(木)から再開すると発表しました。

 三陸沿岸の山田・宮古に発着する同路線は「BEAM-1」の名で1989(平成元)年から運行されてきましたが、新型コロナウイルスの影響で2020年5月から運休に。およそ1年半ぶりの再開にあたり、みちのりグループ共通の高速バスブランド「MEX」のひとつになるなど、運行体系が大きく変更されます。

 京浜急行バスと共同運行だった「BEAM-1」の東京側の発着地は品川と横浜でしたが、運休中に京浜急行バスは撤退。岩手県北バス単独の「MEX宮古・盛岡」としてリニューアルするにあたり、首都圏側はさいたま新都心バスターミナル、東京駅鍛冶橋駐車場、横浜駅が発着地になります。

 それでいて、上り便の宮古〜東京間は従来より約40分短縮、8時間56分で結ばれます。宮古〜盛岡間に盛岡宮古横断道路が開通したためです。

 車両はコロナ対策を施したプライベートカーテン付きの独立3列シート車。トイレや車内Wi-Fi、充電用コンセントとUSB、フットレスト、レッグレストなどを備えます。

 宮古・山田〜首都圏の運賃は大人7900円から1万3300円ですが、12月12日までの乗車分は、キャンペーンとして片道5000円です(座席数限定)。