2021年9月・10月に運行を開始する高速バスの新路線をまとめました。コロナ禍の中で路線休止・廃止が相次ぐなか、鉄道の“密”を避ける路線の開設も目立ちます。

「鉄道vs高速バス」に打って出る!

 2021年9月・10月に運行を開始するバスの新路線をまとめました。この記事では高速バスをピックアップします。

柏の葉キャンパス・流山おおたかの森〜東京駅線

・運行事業者:京成バス、ジェイアールバス関東、東武バスセントラル(共同運行)
・運行区間:国立がん研究センター・柏の葉キャンパス駅西口・流山おおたかの森駅西口〜東京駅
(10月1日〈金〉運行開始)

 つくばエクスプレス(TX)が2005(平成17)年に開業する前の沿線地域は、東京都心部への移動を複数の高速バス路線に頼っていました。この新路線が経由する柏の葉地区も、2006(平成18)年までは東武バスとジェイアールバス関東が共同運行していた「江戸川台線」がカバーしていた地域です。今回の路線開設は、かつての鉄道空白地帯への高速バスが、コロナ禍で移動の“密“が避けられるなか、こんどは鉄道競合路線として復活したと言えるでしょう。

 今回の新路線には、予約状況だけでなく運行中のバスの混雑状況までわかる新しいバス座席予約システム「Sokko-bus」が採用されており、“密“の度合いを確認しながら安心して乗車ができるようになっているのが特徴です。また乗り通しても1時間強の路線にもかかわらず、トイレや車内Wi-Fi完備というのも珍しいのではないでしょうか。

 ただ、朝の上り便(東京駅行き)は、首都高速での渋滞の影響が予め見込まれています。かつてのTX沿線発着の系統も、30分ほど渋滞を織り込んだ時刻設定だったとはいえ、それでは吸収できないほどの遅延が発生していました。現在は外環道の延伸などで首都高の渋滞は緩和されたものの、今回の新路線は朝の上り2便について、平日は東京駅到着を20分繰り下げた時刻設定にしています。

北見特急ニュースター号

・運行事業者:北海道バス
・運行区間:東武イーストモール端野店・北見駅前(南口)〜大通バスセンター前・札幌駅前(北4西3)
(9月10日〈金〉運行開始)

 この路線の運賃最安値は4970円(ネット予約、乗車変更不可の場合)と、北見〜札幌を結ぶ既存の高速バス「ドリーミントオホーツク号」(北海道中央バス・網走バス共同運行)より割安なうえ、「ドリーミントオホーツク号」では運休が続いている夜行便も設定されています。所要時間では最も早いJR石北本線経由の特急「オホーツク」も含めて、北見〜札幌間はさらに競争が続くのではないでしょうか。

九州縦断の新路線も登場!

 ほかにも高速バスの新路線があります。

秦野丹沢登山号

・運行事業者:ジェイアールバス関東
・運行区間:東京駅八重洲口〜秦野丹沢登山口大倉
(9月11日〈土〉運行開始)

 東京駅から丹沢の登山口へ直通する新路線です。終点の「秦野丹沢登山口大倉」バス停は“表丹沢”と呼ばれる鍋割山・塔の岳への登山口が近く、「秦野戸川公園」などアウトドアレジャーの拠点が集積していることもあって、週末は「大倉駐車場」などがすぐに満車になる状況が続いています。登山や公園でのアウトドア・アクテビティはコロナ禍の中でも殊更に人気ということもあり、直通でそのまま表丹沢に行ける高速バスがどこまで利用者を伸ばせるか注目されます。

センター北・センター南・新横浜〜羽田空港線

・運行事業者:東急バス、京浜急行バス(共同運行)
・運行区間:センター北駅・センター南駅・新横浜駅〜羽田空港、新横浜プリンスホテル・新横浜駅〜羽田空港
(9月1日〈水〉運行開始)

 これまで2社共同で運行されていたセンター南駅・センター北駅〜羽田空港線と、京浜急行バス単独だった新横浜〜羽田空港線を実質的に統合したもの。どちらも新型コロナウイルスの感染拡大による乗客の減少・減便が続いていました。今回の改正で全便が新横浜駅を経由することで、“セン北・セン南”から成田空港への所要時間は延びるものの、路線維持のためには、やむをえない判断かもしれません。

ブルーライナー鹿屋

・運行事業者:森山観光バス
・運行区間:糸島高校前駅・JR博多駅HEARTSバスステーション〜西都城駅前・道の駅野方あらさの・アグリパークかのや
(9月4日〈土〉運行開始)

 高速バスブランド「ブルーライナー」の一路線として、鹿児島県第三の都市である鹿屋市をはじめとする大隅地方と、博多エリアを直結する高速バスが初めて設定されました。路線の距離は342km、博多〜鹿屋間は最短5時間と、九州内の高速バスでも最長級のルートを走行します。

 既存の博多行き高速バスや新幹線が発着している鹿児島市内と錦江湾を隔てた鹿屋市へは、鹿児島からバスがそのまま鴨池・垂水フェリーへ乗船して鹿屋まで行く「大隅半島直行バス」でも2時間かかりました。今回の新路線は宮崎県都城市のほか、高速バス乗り場から遠い鹿児島県大崎町なども経由して、既存の高速バス網から外れた鹿児島・宮崎県境の地域をうまくカバーしています。