臨時増便で需要の拡大は実現なるでしょうか。

存続に向けた取り組みが続く芸備線

 JR西日本は2021年10月8日(金)、芸備線の広島駅〜三次駅〜備後落合駅〜新見駅間について、10月23日(土)から12月5日(日)までの土休日に、臨時増便を行うと発表しました。

 増便されるのは下記の7便です。(主要駅のみ記載)

●三次→新見方面
三次9:58発、備後落合11:21着 ※
備後落合12:30発、新見13:54着
三次18:37発、備後庄原19:14着 ※

●新見→三次方面
新見10:57発、備後落合12:21着
備後落合13:40発、三次15:16着 ※
備後庄原19:23発、三次19:56着

※…三次で広島方面の列車と接続

●臨時快速「庄原ライナー」
広島10:05発、備後庄原11:56着(停車駅:下深川までの各駅と志和口・向原・甲立・三次)

 JR西日本では昨年2020年11月にも、せとうち広島デスティネーションキャンペーンと合わせ、利用促進策の一環として臨時増便を実施。昨年は毎日運転でしたが、今年は行楽需要にあわせる形で、土休日のみの運転としています。

 芸備線では今年6月にも、岡山県新見市と広島県庄原市までの区間について、JR西日本から地元へ今後のあり方に関する検討について打診。10月8日には2回目の検討会が開催され、利用促進に向けた取り組みについて意見交換がされています。