福岡の地下鉄ならではのサービスでした。

はやかけんポイント見直しへ

 福岡市は2021年10月11日、ICカード乗車券「はやかけん」のポイントサービスについて見直すと発表しました。なお、「はやかけん」は全国相互利用サービスが可能なICカード乗車券のひとつです。

 乗車料金に応じた「基本ポイント」「ボーナスポイント」の付与が、11月末をもって廃止されます。基本ポイントは1か月の乗車料金額の2%(上限は240ポイント/月)、ボーナスポイントは当月の乗車料金に応じ、さらに最大800ポイントが付与される制度でした。

 また、「はやかけん」で福岡市営地下鉄の1駅区間を利用した場合に付与される「ひと駅」ポイントも、1乗車につき100ポイントから、60ポイントに引き下げられます。

 なお、「JR筑肥線乗り継ぎポイント」や、「ちかパス65運転免許返納割」などのポイントサービスは変更ないということです。

 福岡市は、「新型コロナウイルス感染症の影響によるお客様の大幅な減少を受け、導入目的を達成したサービスについて見直し」を行うとしています。

 交通系ICカードの乗車ポイントサービスをめぐっては、「PASMO」加盟のバス事業者で提供されている「バス特」の提供を取りやめる事業者など、2021年に入り見直しが相次いでいます。