1960年、JAL初のジェット旅客機ダグラスDC-8-32「JA8001」、愛称「FUJI号」が就航しました。同機の特徴といえば「純和風の機内ラウンジ」。実はこの「FUJI号のラウンジ」、羽田に今も残ります。実際に内部に入ってきました。

「空の貴婦人」とうたわれたDC-8

 2021年で創立70周年を迎えたJAL(日本航空)。同社の歴史を振り返るなかで、重要な旅客機があります。それがJAL初のジェット旅客機ダグラスDC-8-32「JA8001」。愛称は「FUJI(ふじ)号」です。

 この「FUJI号」が就航したのは、1960(昭和35)年。これを皮切りにDC-8シリーズはその後JALで計60機が使用されました(リース導入も含む)。細く長い優雅なフォルムから「空の貴婦人」とうたわれ、卓越した性能をもっていたとのこと。一般的にも古くからのファンも多い、まさに“往年の名機”といったところでしょう。

 そしてこの「FUJI号」をはじめとするDC-8の一部では、「日本文化」を強くアピールしたサービスを採用し、評判を呼んだといいます。機内に設置された、純日本風のラウンジがこれにあたります。

 そして「FUJI号」就航から60年以上経った2021年現在、実は羽田空港の格納庫に、同機の機首部分がいまだに残っています。同機の機首部分が羽田にやってきたのは2014(平成26)年のこと。社内でも同機を、当時のチャレンジスピリッツを思い出し、初心に帰るための記念碑にしているといいます。JAL協力のもと、その機内を見ることができました。

 実はこの機内、極めて貴重な状態で保存されています。先述の純日本風のラウンジを、そのまま機内に残存させているのです。

機内に入ると まあなんとゴージャスな…

 60年もの時をタイムスリップした「FUJI号」のラウンジというのは、どのようなものなのでしょうか。一言でいうと、「超ゴージャスな和空間」です。

 機内に入ると、いまの旅客機とはまったく違う色調が使われていることが、はっきりとわかります。床はクラシカルな絨毯が張られ、側壁はなんとゴールド。そこに描かれているのは、文化勲章画家の前田青邨氏による作品です。座席も今ではまず見られない光沢感。それもそのはずで、西陣織のシートカバーが張られています。

「FUJI号」のなかに設置されているラウンジの席数は4席。2席ずつがテーブルを隔てて向かい合うレイアウトとなっています。テーブルには灰皿が。機内での喫煙はごく一般的なものであったことを示しています。また、窓の部分は一般的な和室のように、木の枠に和紙が張られており、外の景色を見たい時は「障子を開ける」仕様となっています。これも、現代の航空法では採用は難しいと見られ、旅客機の黎明期ならではの特徴です。

 JALによると、この機内ラウンジのテーマは「空の一流ホテル」とのこと。どことなく「昔の高級ホテルのロビー待合室」のような雰囲気を見て取ることができました。