到着予定時間も公開されました!

13日に受領

 ANA(全日空)は2021年10月15日(金)、フランス・トゥールーズで、エアバス社より世界最大の旅客機エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU)」の3号機を13日(水)に受領したと発表しました。

 ANA のエアバスA380型機は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の520席仕様で、成田〜ホノルル線専用機として導入されました(現在はコロナによる需要減退で定期便運用から外れている)。同機は、ハワイで神聖な生き物として愛されるウミガメ(ホヌ)をモチーフにした特別塗装機「フライングホヌ」として、合計3機の機体それぞれに異なる色と表情のデザインを施しています。

 今回受領した3号機は、ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの塗装に、目をパッチリあけた可愛らしい表情が特徴とのこと。同機は当初の計画では、2020年内にANAに納入される予定でしたが、コロナの影響で納入延期となっていました。この3号機の受領をもって、ANAのエアバスA380「フライングホヌ」が全て揃ったことになります。

 3号機は、現地時間15日(金)17時30分にフランス・トゥールーズ空港を出発し、日本時間16日(土)13時に成田空港へ到着する予定です。