2024年春に開業する北陸新幹線の金沢〜敦賀間、その途中駅となる福井駅の駅舎内部が、地元住民と報道陣に公開されました。新幹線の駅としては異例のコンパクトなホーム構造と駅舎ですが、今後どのようになっていくのでしょうか。

新幹線福井駅 シンプルかつコンパクトなホーム

 北陸新幹線 金沢〜敦賀間の延伸開業に向け、途中駅となる福井駅では工事が急ピッチで進められています。2021年10月17日に地元住民や報道陣を対象にした現場見学会が行われ、新駅舎のホーム含む内部の様子が公開されました。

 北陸新幹線の延伸区間に新設される駅は、石川県内に小松駅・加賀温泉駅、福井県内に芦原温泉駅・福井駅・越前たけふ駅・敦賀駅の計6駅です。そのなかで福井駅は現在、外構工事が完了し、電気工事を含む内装の工事の段階に入っています。

 福井駅の新幹線のりばは、在来線とえちぜん鉄道に挟まれた位置にあり、限られたスペースを活用してホーム1本の両側に上下線がそれぞれ発着するという、国内の新幹線では唯一となる「島式ホーム1面2線」の非常にシンプルな構造となっています。

 それはコンコースもしかりで、橋脚2本が線路方向に連なる高架下に改札内と改札外の空間が同居し、待合室やトイレ、エスカレーターやエレベーターが詰め込まれている形です。「新幹線駅構内=大きな広間」のイメージとは異なり、まさに、「新幹線に乗り降りするための施設」として作られている印象でした。

 もっともそれは新幹線駅舎だけに着目したもので、直結する在来線駅構内にはレストランやショップもあり、西口には再開発事業で整備された商業施設「ハピリン」やガラス屋根の開放空間「ハピテラス」などもあります。それに加え、東口では現在、新幹線駅を拡張する形で、待合スペースや観光案内所などが入る新たな施設が9月から建設中。福井駅全体としては、「旅人を送り出し、迎え入れる」といった従来どおりのイメージの「新幹線駅」になるのかもしれません。

 さて、ホームに上っていきましょう。その手段はエスカレーター2本とエレベーター2基、それと階段です。駅構内の最も金沢方面は、いったん中2階の在来線乗り換えコンコースに上がり、そこからさらに階段とエレベーターで新幹線ホームへ上がる構造になっています。

 上下線で共有されるホームへの階段は、東京や富山方面へ向かう乗客、敦賀方面へ向かう乗客、両方向の人々が共通して使うことになります。これは新幹線駅の途中駅では非常に珍しいことで、他には東海道新幹線の三島駅くらいでしょうか。

ホームや駅の雰囲気を一言で言うなら…

 さて、先述のとおり、福井駅ホームは島式ホーム1本。ここに両方向の新幹線が発着します。実際に目で見てみると、視界にホームのすべてが収まってしまい、「あれ、これで全部?」というこじんまりとしたサイズ感。ガラス主体の駅舎は開放感があるため閉塞感は特にありませんが、このこじんまり感とした感じは、どこかアットホームな雰囲気もあり、新幹線の駅で味わうのは、とても新鮮でした。

 とはいえ、金沢発着の列車が敦賀まで運転されると仮定しても、ここにやってくる新幹線は1時間に最大6本程度と考えられます。乗降施設としての機能は、この規模で十分まかなえるのかもしれません。

 ホームでは、在来線やえちぜん鉄道のホームからのアナウンス、発着する電車の音がひっきりなしに聞こえてきます。特にえちぜん鉄道とは、全面ガラス張りの高架駅舎どうし、互いの電車の姿が丸見え。これらも新幹線の駅が「アットホーム」な雰囲気である理由のひとつと言えるかもしれません。

 福井駅のデザインコンセプトは「太古から未来へ〜悠久の歴史と自然がみえる駅」。駅舎外観はガラス主体で梁を平行に設けたモダンな建築ですが、福井市南東にある「一乗谷朝倉氏遺跡」の唐門をイメージして、縦のルーバー(並列材)を緩やかなアーチを描くように配置し、現代的ながら歴史的建造物の雰囲気とマッチした、落ち着きのある雰囲気になっています。今後、内装工事によって、このデザインコンセプトがさらに明確化される予定です。

 今回公開された時点では、ホームの駅名標や案内板はもちろんまだありません。しかし、今にも新幹線がやって来そうな、また敦賀延伸がいよいよ秒読み段階まで来ているんだな、という実感をわかせるには十分なものとなっていました。

 北陸新幹線 金沢〜敦賀間の延伸開業は、2024年春を予定しています。