高速道路上の工事で「ロードジッパー」なるシステムが活用されています。重いコンクリートの防護柵を、大きな車両を走らせるだけで一瞬にして移動させるというもの。一般利用者にとっても、工事区間の環境が大きく変わっています。

システムとしての「移動式防護柵」ことロードジッパー

 道路上の重いコンクリート製防護柵が、まるで蛇のようにうねり、一瞬にして移設されていく――これを可能にする巨大な「働くクルマ」が、高速道路で活躍の場を拡げています。

 NEXCO東日本は2021年10月27日(水)、小畠 徹社長の定例会見を開催、そのなかで、2022年度に管内で床版(舗装が載る道路の床板部分)の取替工事を含む大規模なリニューアル工事を23か所で実施すると発表しました。

 床版の取り替えは舗装を全て剥がして行うため、工事スペース確保のため長期の車線規制が敷かれます。そこで活用されているのが、前出したコンクリート製防護柵と、それを移設する車両を用いた「ロードジッパー」と呼ばれるシステムです。日本語では「移動式防護柵」とされます。

 通行車線と規制箇所の境界に連続して設置されるブロック状のコンクリート防護柵は、1個あたり長さ1m、重さ680kg。これを「BTM(Barrier Transfer Machine」と呼ばれる車両で、柵の上を乗り上げるように走行すると、車両の下部にあるS字のレールに沿って、防護柵が車両の反対側の車線に整然と移設されていきます。

 ロードジッパーはアメリカで開発され、2016(平成28)年にNEXCO東日本が日本で初めて試験導入。いまではNEXCO中日本、西日本でも活用されています。

 ただBTMと呼ばれる車両は、防護柵を「移設する」だけで、「設置する」機能はありません。規制前には1個1個の防護柵をクレーン車で設置する必要があります。

 それでも、ロードジッパーの導入により、作業員も一般の利用者も、工事区間の環境が劇的に変わっているようです。

カラーコーンじゃできない!

 一般的な車線規制工事の場合、カラーコーンにより走行車線と工事エリアを分けるのが一般的です。しかし、高速道路では工事エリアに車両が突っ込む事故も増加傾向にあり、作業員をどう保護するかが課題になっていました。そうしたなか、重いコンクリート製の防護柵で、作業員の安全性は大きく向上しています。

 10月27日の定例会見では、ロードジッパーが新潟県の北陸道で活用された工事事例が紹介されました。4車線のうち1車線が規制されましたが、午前中は上り線で、午後は下り線で交通量が増加することから、12時頃を境に「上り2車線/下り1車線」を「上り1車線/下り2車線」に、翌6時頃には再び上りを2車線に切り替えるという運用で工事を行いました。

 ここでロードジッパーの出番です。3車線のうち真ん中の車線にBTMを走らせることで、両側の1車線ずつを運用しながら、上下線を分ける防護柵を素早く移設し、走行車線数を変化させました。こうした柔軟な車線運用の切り回しも、カラーコーンによる規制では危険と隣り合わせで、かつ時間がかかるそうです。

 ロードジッパーは2021年11月現在、NEXCO中日本が実施する東名高速リニューアル工事でも活用されているほか、2022年度はNEXCO東日本も横浜横須賀道路の床版取替工事にて使用予定であるなど、首都圏でも見られるようになっています。