2024年春に開業予定の北陸新幹線金沢〜敦賀間。その新たな終着駅となる敦賀駅の先に新設される「敦賀車両基地」が、地元住民と報道陣に公開されました。今後、この施設はどのような役割を果たしていくのでしょうか。

日常の車両点検が行われる車庫

 2024年春予定の北陸新幹線金沢〜敦賀間延伸開業に向け、新たな終点側の拠点となる「敦賀車両基地(仮称)」でも工事が急ピッチで進められています。2021年11月7日(日)に地元住民や報道陣を対象にした現場見学会が行われ、内部の様子が公開されました。

 敦賀車両基地は、北陸新幹線延伸後に終着駅となる敦賀駅からさらに南へ約2km進んだ場所にあります。北陸新幹線の車両基地としては長野新幹線車両センター(長野県長野市)、白山総合車両所(石川県白山市)に続く3か所目となります。

 敦賀車両基地の役割は、夜間の滞泊や折り返し列車の待機などのほか、車両の検査も受け持っています。鉄道車両に行われる主な4つの検査(仕業検査、交番検査、台車検査、全般検査)のうち、敦賀車両基地では仕業検査を担当し、残りの検査は白山総合車両所が担当します。仕業検査とは、2日に1回の頻度で台車や足回り、ブレーキを中心に行う日常の検査のことです。

 敦賀車両基地は、白山総合車両所と同じく冬に降雪が多い地域に位置するため、屋根で覆われた車庫となっています。新幹線の収容数は10編成。うち仕業検査を行うための「仕業検査庫」が3編成分、折返しや待機を行う「着発収容庫」が7編成分あり、ふたつの車庫は壁を隔てて隣り合っています。

 現場見学会が行われた時点で、敷地内では線路の敷設や、車庫などの各建築物の内部工事が進行中という状況でした。

 今回公開された、車両基地の核となる「仕業検査庫」ではすでに線路が仮で敷かれており、完成が近い実感を沸かせました。残る主な作業は、内装のほか、検査に使う作業用ホームやパンタグラフ検査用の施設などの設置、そして線路敷設の仕上げの工事となっています。

 工事担当者は、検査庫に線路を敷くのは、通常の営業用の線路とは違った大変さがあるといいます。というのは、台車の点検などは「下からのぞく」ため、線路下に空間を設ける必要があるからです。

 2本の線路を別々のコンクリート基礎で支えるため、寸法を間違えると「左右の線路の高さが違う」という事態になってしまいます。それを防ぐため、まず仮の受け台で線路の床面からの高さを微調整してから、コンクリートを打っていくのだそうです。調整はミリ単位で行われ、現在は線路がこの仮の受け台に乗り、コンクリート打ちを待つ状態となっていました。

他にも特色があちこちに

 車庫や事務所など建屋のカラーリングは、白を基調にダークグレーとブルーの水平ラインがアクセントとなっているのが特徴です。グレーは周囲の景観になじむため、ブルーはJR西日本のコーポレートカラーと新幹線W7系の塗装に加え、地元敦賀市の市章や、「北陸のハワイ」として注目が集まる市内の無人島・水島などでなじみの深いカラーとして採用されています。

 
 基地内の各所にある線路のポイント(分岐器)にはスプリンクラーが設置されています。これは降雪時などに動作支障を防ぐため、温水等を散布し、積雪を溶かすためのものです。

 さて、新幹線の高架橋は敦賀駅から車両基地内に入ると高度を下げ、地上に降り立ちます。ただし地上と言っても、基地の敷地全体が盛土で嵩上げされているため、市街地と最大13mの高低差があります。

 記憶に新しいのが、2019年10月の台風19号に伴う大雨により長野市で千曲川の堤防が決壊し、新幹線の車両基地が水没して10編成が廃車となった事案です。その後、国土交通省が車両基地の浸水対策について検討し報告するようJRに指示する事態になりましたが、敦賀車両基地はその構造のためか検討対象とはなりませんでした。

 完成まで2年半弱となった福井県への延伸。県の新幹線開業課の小野田謙一課長は「いよいよ形が見えてきました。新幹線の延伸で東京との結びつきが強くなることで、入国制限緩和後の海外ビジネスやインバウンドによる福井県の活性化にも、期待がかかります」と話しています。