ライダーの皆様お待たせしました!

かなり充実して「ツーリングプラン」一挙復活

 NEXCO3社(東日本、中日本、西日本)ならびに京都府道路公社、兵庫県道路公社は2021年11月8日(月)、ETC搭載の二輪車が定額で高速道路を利用できる「ツーリングプラン」の販売を同日から開始したと発表しました。

 緊急事態宣言などの影響で発売が見合されていたツーリングプランが復活する形です。今回は主に関東、中京、関西、四国、九州を対象とした18コースが設定されています。

 たとえば「関越道・東北道コース」の場合、東北道の川口JCT〜西那須野塩原IC間と関越道の練馬IC〜沼田IC、さらに外環道、圏央道、北関東道、上信越道の一部区間が対象。大泉IC〜(川口JCT)〜宇都宮IC〜日光(いろは坂)〜金精峠〜沼田IC〜練馬ICという東京始発着で栃木・群馬を横断するルートを取った場合、通常なら二輪車1台で5850円(平日昼間の場合)のところ3000円で、2850円ぶんお得になるそうです。

 全18コースはこのようにエリアを限定して設定されており、最も価格が低いのは「中央道・東海北陸道コース」2日間2000円です。

 対象期間は11月30日(火)まで。コースによりNEXCO東日本「ドラ割」、NEXCO中日本「速旅」、NEXCO西日本「みち旅」のいずれかから申込が可能です。