JR木次線の観光列車「奥出雲おろち号」は運行終了が発表され、なかなかチケットが取れない状態が続いています。何度も訪れるリピーターもいるというこの列車、どのような魅力があるのでしょうか。チケットを取る「裏ワザ」も聞きました。

ローカル観光列車の草分け「奥出雲おろち号」

 島根県の日本海側から広島県の山間部を結ぶJR木次線(宍道〜備後落合)のうち、木次〜備後落合間を中心に運行される観光列車「奥出雲おろち号」が2021年11月現在、チケット争奪戦となるほどに人気が高まっています。6月にJR西日本が2023年中の運行終了を発表し、いわば駆け込み需要が起こっているためです。

「奥出雲おろち号」は1998(平成10)年に運行を開始。ローカル線での運行とはいえ、当初から、予約率が平日を含めて7割を超えるほどの根強い人気を保ち続けています。

 多くの人々を魅了するのは、出雲坂根〜三井野原間で170mもの高低差を克服する「3段スイッチバック」を行き来する際の雄大な車窓ではないでしょうか。出雲坂根駅を出た列車はジグザグに軌道を描きながら最徐行で駆け上がり、JR西日本で最高所(標高726m)にある三井野原駅へたどり着きます。その間、道路橋の「奥出雲おろちループ」も望める車窓からの眺めは“20分間の動く展望台”ともいえるほどに絶景かつ珍しいものです。

 沿線の駅も、神社を模した駅舎の出雲横田駅、構内に湧き水(延命水)がある出雲坂根駅、松本清張の小説「砂の器」にも登場した木造駅舎が残る亀嵩(かめだけ)駅など個性ある駅も多く、停車中のちょっとした楽しみの豊富さも魅力の一つと言えるでしょう。

 運行開始から23年。JR西日本は、牽引用ディーゼル機関車2両(DE10、DE15)の老朽化が進んでおり、運行継続が難しくなってきたことから終了を発表しました。ただ、その駆け込み需要だけでなく、これまで備後落合始発の「おろち号」復路に接続する列車がなかった芸備線で2021年秋に期間限定・週末のみ増便が行われているため、広島県側からもグッと乗車しやすくなり、復路も徐々にチケット争奪戦の様相を見せているのだとか。

 しかしながら、この列車の人気は今に始まったことではありません。もともと沿線自治体の発案で実現したこともあり、各駅で展開されるサービスは、近年の高級志向な「クルーズトレイン」とも違った魅力を持っています。なかには、いつしか鉄道ファンから地域のファンとなり、顔を覚えられるほどのリピーターも少なくないとのこと。それらを確かめに現地へ行ってみました。

旅の基本「いつもと違う場所に来た」をしっかり抑えた列車

「奥出雲おろち号」に乗り、まず目につくのは、手を振る沿線の人々の多さです。休日になると各駅には列車や乗客の到着を待っていた親子連れの姿が目立ち、中には出雲八代駅のように「おろち号」の運行に合わせて地域の活性化も兼ねた野外カフェが開催され、集まった人々が列車に一斉に手を振るような光景も。通過する列車に農作業の手を止めて手を振る人の姿もあり、その雰囲気は、まるで知らない街の祭りに入り込んだようにも感じます。国内ながら「いつもと違う場所に来た」という旅の基本的な楽しみをしっかり味わえるのは嬉しい限りです。

 停車駅ごとに販売される弁当や土産物、スイーツなども、地域の自然で育ったものや、昔から食べられてきたモノばかり。木次駅では風味を損なわない地元乳業メーカーの「パスチャライズ牛乳」を使った乳製品、同駅と木次駅では駅舎内で営業するそば店の「そば弁当」、出雲坂根駅では駅前で焼かれる焼き鳥の煙に、目と嗅覚を奪われてしまいます。

 山深い地域ならではの鯖寿司、笹寿司なども販売されており、乗車しただけで「この地域の名産品はそば・米・肉・牛乳、保存食として受け継がれてきた押し寿司も美味しい」ことがしっかりと印象に残ります。中には「前回ほかの人が食べていた弁当が美味しそうだったからもう1回乗車して注文した」という人も多いのだとか。

 こうして、リピーターになった人々は、沿線での消費も積極的になるのでしょう。よく好きなアーティストやアイドルの応援を“推し”と呼ぶこともありますが、いわばローカル線が“推し“になり、沿線でのお祭りのような歓迎や商品の購入を通じて“推しと距離が近く”なり、“推しに直接お金を使う”循環が生まれ、鉄道ファンから「地域のファン」へ変化していくのではないでしょうか。

 もちろん列車には数々の絶景などの訴求ポイントはありますが、高級感を打ち出す近年のクルーズトレインとはまた違った、見知らぬ場所での「地域体験型クルーズ」とも言える、サービスを受けるだけでない楽しみがあります。広島や岡山といった都市からも比較的近く、物品購入を含めて手頃な値段で乗車できることも、年に何度もの来訪を呼び込みやすい環境とも言えるでしょう。

首都圏から「日帰り“おろち号“」も可能?

 現在入手が困難となっている「奥出雲おろち号」のチケット、その方法を地域の方々に伺いました。

●週末の芸備線増便がなくても! 実は平日でも到達できる“難関・備後落合駅”

 先述の通り、2021年10月から11月23日まで、土休日に芸備線の増便が行われており、週末のみですが、12時57分に備後落合を発車する復路の「おろち号」に、芸備線から乗車することが可能です。しかし、それとは別に平日でも、備後落合駅に路線バスで到達する三次・庄原からの“裏ルート”が存在します。

・三次駅前(10時43分発 備北交通「三城線」庄原駅行き)→庄原駅(11時22分着/11時32分発 西城中野行き)→西城病院前(12時01分着/12時11分発 西城交通「道後山線」道後山麓行き)〜落合駅前(12時25分着)
※いずれも2021年11月現在、平日のみ。西城病院前バス停は備北交通が道路沿い、西城交通が病院の正面玄関で徒歩1分)

 落合駅前でバスを降り、目の前にある小鳥原(ひととばら)川を渡ると備後落合駅は目の前。道すがらには作家の松本清張も泊まった旅館(現在は営業していない)が残るなどしているため、かつて100名以上の鉄道関係者が在住していたという“鉄道のまち”の名残をゆっくり観察しながら到達できます。

●首都圏から「日帰りおろち号」も可能?

 今回の芸備線増便と連動して、広島空港から庄原へのバスが12月12日(日)までの土休日限定で運行されています(予約制)。朝一番に羽田空港から広島空港へ飛んで、バスで庄原から備後落合駅まで移動して「奥出雲おろち号」に乗車、その後は出雲市駅や松江駅に出て出雲空港連絡バスに乗り、出雲空港19時10分発の羽田行きに乗れば、「日帰りおろち号」が可能です。また、到着は翌朝になりますが、東京行き寝台特急「サンライズ出雲」を利用してもいいでしょう。

●人気区間は路線バスで「奥出雲おろちワープ」!

 チケットの人気は、どうしても3段スイッチバックのある出雲坂根〜三井野原間に集中しがちで、この区間だけ「おろち号」に乗車するバスツアーもあるほど。つまり、それ以外の区間(木次〜出雲坂根、三井野原〜備後落合)では、比較的空席が生じやすい傾向にあります。

 例えば木次から乗車し出雲坂根駅で降りて、駅構内の延命水を汲んだあと、折り返しで坂を降りてくる列車を撮影してまた乗車、といった時間の過ごし方もアリかもしれません。備後落合発の復路なら三井野原でいったん下車し、13時38分発に駅前を出る路線バス(奥出雲交通「八川線」横田車庫行き)で出雲坂根駅に回り込むことも可能。このバスは、列車から眺める国道314号の「奥出雲おろちループ」を走行します。11の橋からなるループ道路で高低差105mを一気に降りていく車窓も、列車に負けず劣らずの壮観です。